おすすめの電動ジンバル「DJI OM 5」は自撮り棒にもなる

ガジェット

自撮りでの写真や動画撮影に自撮り棒が流行った。
スマホのカメラの性能もいいため、動画撮影もスマホの人が多くなったように思う。
ただ、自撮り棒だと、スマホの手振れ補正だけでは防げない揺れもある。

こだわる人だとジンバルを使う人もいるのではないでしょうか。
最近はジンバルも性能がいいものが手頃な値段になっているので、動画撮影初心者でも、手が届きやすい。

DJIから待望の新作スマートフォン用電動ジンバル「DJI OM 5」が登場しました。
第5世代目になる新型です。

スポンサーリンク

DJI OM 5はどう変わったのか

前モデルとなるOM 4から一番変わったのは、なんといっても、伸縮ロッドを内蔵したことです。
※前モデルのOM 4は生産が終了しました。

最大215㎜の伸びます。これにより、従来の電動ジンバルが自撮り棒としても使えるようになりました。

底面に3つ股の足を取り付けることで、自立もします。これは前モデルから変わらない。
電動ジンバルなので、自動でバランスを取りながら、スマホを水平に合わせてくれます。


折りたたむとこのぐらいまでコンパクトに収納できるようになります。

スポンサーリンク

DJI OM 5の概要

手前側にはジョイスティック、シャッター/録画ボタン、カメラ切り替えボタンが備わり、DJI OM 5を握った手の親指でスムースに動かせるようなレイアウトで並んでます。

  • 1.磁気スマートフォンクランプ2
  • 2.シャッター/録画
  • 3.切替えボタン
  • 4.バッテリー残量インジケータ
  • 5.1/4-20UNCポート
  • 6.システムステータスインジケータ
  • 7.ジョイスティック
  • 8.内蔵ロッド
  • 9.ストラップ取り付け口
  • 10.ズームスライダー
  • 11.トリガー
  • 12.Mボタン
  • 13.パン軸モーター
  • 14.チルト軸モーター
  • 15.ロール軸モーター
  • 16.充電ポート(USB-C)
  • 17.M3×0.5㎜ネジ穴

取り付け簡単

DJIの電動ジンバルの特徴として、電動ジンバルとスマホを繋ぐクランプがマグネット式になっていることで簡単の取り外しと取り付けが可能になってます。

このクランプも進化します。通常はスマホを挟むだけのものです。別売りになるが、クランプの爪部分がLEDライトが内蔵されたものがリリース予定です。その名は「Fill Light Phone Clamp」

※赤枠部分がLEDライト

スポンサーリンク

専用アプリがなくても操作ができる。

OM 5には専用アプリ、「DJI Mimo」というアプリがあります。
ShotGuides(ショットガイド)で周辺環境を自動で認識して撮影ヒントやテンプレートを提案してくれます。
また撮影から編集まで行えるアプリになっています。

ちなみに、OM 5はBluetooth接続でアプリなしでスマホのカメラを制御できます。
※Android版のアプリはGoogle PlayではなくDJI公式ウェブサイト上で提供されています。

スポンサーリンク

OM 5の対応スマホについて

まぁ新しいものがでれば、古いものは切り捨てられてしまいます・・・・
OM 5にも対応スマホがありますので、下記をのリンクから確認してください。

iPhoneの場合は8行こうであれば対応してます。Androidは種類とメーカーが多いのでリンクから見てもらうのが一番かなと思います。

対応機種一覧