ドスパラ見た目がいい高性能ノートPC「raytrec」「THIRDWAVE」を発表

ガジェット

ドスパラを運営しているサードウェーブから新コンセプトのノートPC「raytrec」と「THIRDWAVE」が発表された。

ドスパラのノートPCは高性能でありながらも比較的に手頃な価格帯で販売されているイメージを個人的に持っていたのですが、見た目が業務用っぽさが抜けない感じがちょっと嫌でした。

が、「raytrec」と「THIRDWAVE」は見た目もいい感じです。

スポンサーリンク

ドスパラでカラーが選べるのは珍しい

ドスパラのノートPCってどうも業務用っぽさが抜けない感じで筐体はシルバーかグレーって感じでした。見た目も重視する人だと、ドスパラよりマウスコンピュータを選んでたのではないでしょうか。

しかし、「raytrec」と「THIRDWAVE」では色が選べるようになった。
ドスパラでは珍しい試みです。

「THIRDWAVE」ラピスブルーとピンクのサクラ(限定色)、「raytrec」ブラックとローズゴールド、少々気になるのが、ラピスブルーと、ローズゴールド、こちらの2つは本体カラーとタッチパッドの色があってない・・・・サクラは本体カラーとタッチパッドのカラーが同じなので、どうして、ラピスブルーとローズゴールドは合わせてくれなかったのだろうか・・・サクラだけ限定色だからかな?

raytrecはクリエイター向け、THIRDWAVEは法人向けのPCとなってます。

液晶は、14インチフルHDのノングレア液晶となってます。画面はスリムベゼルになっている。こちら「raytrec」と「THIRDWAVE」ともの同じ仕様です。

スポンサーリンク

筐体は共通

「raytrec」と「THIRDWAVE」ともに、14インチのサイズで筐体は同じようです。

JIS規格準拠のキー配列と19mmのキーピッチでLEDバックライトを搭載してます。タッチパッドには、指紋センサー塔体でWindows Helloに対応してます。

インターフェースも「raytrec」と「THIRDWAVE」共通で多彩なポートを搭載してます。

  • 1.MicroSDリーダー
  • 2.マイク・ヘッドフォン端子
  • 3.USB2.0
  • 4.USB3.2Gen1
  • 5.ロック用ポート
  • 6.HDMI1.4a
  • 7.USB3.2 Gen2
  • 8.Thunderbolt 4(USB Type-C)×2
  • 9.Webカメラ+マイク On/Off

USB3.2のポートはGen1とGen2があるがどうせなら、両方Gen2にしてほしかった・・・
個人的にうれしいのは、webカメラのオン/オフが物理スイッチで切り変えれるところ

スポンサーリンク

「raytrec」と「THIRDWAVE」のスペック

見た目がよくてもスペックが良くなければね。というわけで、スペック一覧です。

THIRDWAVE F-14Gのスペック

OSWindows 11 Home 64bit
CPUCore i5-1135G7(4コア8スレッド/2.40GHz~4.2GHz)
グラフィックIris Xe Graphics
メモリ16GB(DDR4-3200/増設不可)
ストレージ256GB/512GB NVMe SSD
ディスプレイ14.0型フルHD非光沢ワイド液晶(1920×1080ピクセル)
入出力ポートUSB 3.2 Gen 1 Type A× 1、USB 3.2 Gen 2 Type A×1、USB 2.0 Type A×1、HDMI 1.4a×1、Thunderbolt 4/USB Type-C(PD対応/DisplayPort Alternate Mode)×2、マイク入力/ヘッドフォン出力共用端子×1、
カードリーダーMicroSDカードリーダー(SD/SDHC/SDXC 、最大認識容量512GB)
無線LANWi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11 ax/ac/a/b/g/n)
サウンド内蔵ステレオスピーカー(1.5W×2/0.8W×2)
WebカメラHD画質 ※内蔵位置:液晶パネル上部
標準キーボード日本語配列キーボード(JIS配列準拠/85 キー/かな印字)
電源ACアダプター(65W/USB Type-C)
バッテリーリチウムイオンバッテリー
サイズ約323.5(幅)×219.5(奥行き)×18.9(高さ)mm ※突起部含まず
重量約1.5kg(バッテリー含む/ACアダプターは約170g)
セキュリティ機能指紋認証リーダー搭載(タッチパッド部分に組み込み)、ケンジントンロック、TPM 2.0
オフィスソフトKINGSOFT WPS2 Office(ワープロ/表計算/プレゼンテーション)
セキュリティソフトシマンテック ノートン セキュリティ スタンダード30日版

ちなみに、カスタマイズ注文でOSはProへ変更可能です。しかし、CPUやメモリ、ストレージなどは変更できない。
サクラ(限定色)だけストレージが512GBのSSDとなってます。

raytrec X4-Tスペック

OSWindows 11 Home 64bit
CPUCore i7-1165G7(4コア8スレッド、2.8GHz~4.7GHz)
グラフィック機能Iris Xe Graphics
メモリ16GB(DDR4-3200、増設不可)
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ14.0型フルHD非光沢ワイド液晶(1920×1080ピクセル)
ディスプレイ色域sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)/AdobeRGBカバー率約74%(AdobeRGB比約74%)
入出力ポートUSB 3.2 Gen 1 Type A×1、USB 3.2 Gen 2 Type A×1、USB 2.0 Type A x 1、HDMI 1.4a× 1、Thunderbolt 4/USB Type-C(PD対応/DisplayPort Alternate Mode)×2、マイク入力/ヘッドフォン出力共用端子×1
カードリーダーMicroSDカードリーダー(SD/SDHC/SDXC 、最大認識容量512GB)
無線LANWi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11 ax/ac/a/b/g/n)
サウンド内蔵ステレオスピーカー(1.5W×2/0.8W×2)
WebカメラHD画質 ※内蔵位置:液晶パネル上部
標準キーボード日本語配列キーボード(JIS 配列準拠/85キー/かな印字)
電源ACアダプター(65W/USB Type-C)
バッテリーリチウムイオンバッテリー
サイズ約323.5(幅)×219.5(奥行き)×18.9(高さ)mm ※突起部含まず
重量約1.5kg(バッテリー含む、ACアダプターは約170g)
セキュリティ機能指紋認証リーダー搭載(タッチパッド部分に組み込み)、ケンジントンロック、TPM 2.0
セキュリティソフトシマンテック ノートン セキュリティ スタンダード30日版

2つの違いは?

raytrecはクリエイター向け、THIRDWAVEは法人向けのPCとはなっているが、違いは色とCPUぐらいで、THIRDWAVEは第11世代Core i5、raytrecは第11世代Core i7になります。 基本的にメモリの増設が不可となってます。たぶんマザーボードの直接ハンダ付けされているタイプでしょうね。

スポンサーリンク

お値段はいかほど

THIRDWAVE F-14TG ラピスブルー99,980 円(税込)
THIRDWAVE F-14TG SAKURA104,980 円(税込)
raytrek X4-T Black109,980 円(税込)
raytrek X4-T Rose Gold109,980 円(税込)

ラピスブルーに比べてサクラだけ少々値段が高いのはSSD512GBだからだと思われます。

11万円を切るノートPCで第11世代Core i7搭載となるとこのぐらいが妥当な値段ですかね。と辛口なこと書いてみたが、Wi-Fi 6に対応Thunderbolt接続が2ポートあることを考慮するれば、安い方かな