Youtubeライブ配信に最適なミキサー「VR-1HD」が発売されるぞ

ガジェット

ローランドからライブ配信に適したAVストリーミング・ミキサー「VR-1HD」を2019年3月下旬に発売すると発表しました。
youtubeライブやツイキャスなどライブ配信できるサービスは数多く存在しますよね。
で、ライブ配信をやろうとしたときに、機材に困ったりしませんか。
ニコニコ生放送なんかでも、素人なのに結構いいマイク使っていたりしますし、機材にはこだわりたいところです。

そんなときに必要になってくるのがAVミキサーです。
Youtuberなどの出演者自身がプロ品質の番組を作成するには必要な機材になってきます。

映像や音響を操作するスタッフのような人がいればいいのですが、個人でやるとなると結構大変です。

AVストリーミング・ミキサーを使えば、カメラやスマートフォン、PCなどを接続して最大3つの映像を切り替えたり、複数の映像を組み合わせた画面構成にしたりと番組がより楽しいコンテンツに仕上げられるようになっています。

自分の声をロボット・ボイスや異なるキャラクターの音声に変えたり、残響を加えたり、拍手などの効果音を加えたりすることもできるし使い方はあなた次第な感じの商品ですね。

Sponsored Links

「VR-1HD」を使えばこんなことができる

シーン切替え機能でより魅力的な配信ができる。
パソコンで編集した動画だと、シーンの切り替えや、比較など結構簡単にできてしまうがライブ配信だとそうもいかない。
VR-1HDに搭載するシーン切り替え機能を使えば、子画面の合成(PinP)や画面分割(SPLIT)など映像を合成した状態をプリセットできるので、配信前に画面構成を設定しておけば、最大5つのプリセットをボタンから使い分けることができます。

ビデオフォローオーディオモードを使えば、マイクに向かって話している人の音量を自動的に判断して、話をしている人物の映像にカメラを切り替える事ができる。
2人が同時に話している場合や、誰も話をしていない場合には、2人が一緒に写っている別の映像に切り替えることも可能になっているのでかなり複数での雑談配信には便利です。

ほかにも、ビート シンクロ スイッチモードを使えば、演奏やDJなど音楽テンポに合わせてカメラを自動的に切り替えることができます。
演奏配信に優れた機能です。

今のとろこ、価格はオープンとのことで、いくらなのか不明・・・・
しかしこれだけの機能があるので、お値段は高そうです。