「Razer Huntsman Mini」はゲーミングキーボードでもコンパクト

Razer

ゲーミングキーボートってなんかデカイよね・・・
と思っている方、朗報です。
Razerからキー数を40%も減らしたコンパクトキーボードが登場しました。
その名も「Razer Huntsman Mini
もちろん、Razerのオプティカルスイッチ搭載した入力しやすいキーです。

スポンサーリンク

コンパクトすぎる?

大胆にキー数を40%減らしたことで、F1~F12などのファンクションキーやHomeキー群、そしてテンキーがキレイさっぱりありません。
テンキーレスよりさらにコンパクトになってます。
矢印キーもありません。

もちろん、それらの機能はショートカットからアクセスできるようになってます。
まぁゲームするときには不要な機能 ばかりですからね。
ゲームに特化したキーボートというわけです。

普段使いするには少々慣れるまでに時間がかかりそうですけどね。


キーの側面にF1などの表記されているので押し間違うことはないと思いますけども・・・

カラーは2色、キーも2種類


本体カラーは2色でブラック(BLACK EDITION)とホワイト(MERCURY EDITION)が用意されてます。
キー軸も2種類用意されており、オプティカルスイッチの紫と赤になります。

ちなみに紫は、「クリッキーオプティカルスイッチ」という
満足できる操作感と音と共に歯切れのよい、タクタイル感のあるフィードバックが得れる

赤は「リニアオプティカルスイッチ」という
タクタイルバンプのないスムーズで瞬時のキーストロークを実現するこの第 2 世代の設計は、キーを押しこんだときに出る音を抑えてスイッチ音を大きく改善

キー軸の詳細を知りたいかたはこちらを参照してください。

コンパクトでもちゃんとゲーミングキーボート

ケーブルは着脱式のUSB-Cですが引っ張ってすぐ抜けちゃうような、やわなものではありません。
本体はアルミ製で耐久性のあるダブルショットPBTキーキャップでテクスチャ加工されているのでキーの文字が擦れて消えてしまうことはない。

技術的にも、

  • Razer™ オプティカルスイッチ
  • 最高 1 億キーストロークの耐久性
  • Razer ダブルショット PBT キーキャップ
  • 標準の最下段キーレイアウト
  • アルミ製
  • 60% コンパクトなフォームファクタ
  • 着脱式USB-C 編みファイバーケーブル
  • ハイブリッド内蔵ストレージ – 最大 5 つのキーバインドプロファイル
  • プロファイルの保存・呼び出し1,680 万色のカスタマイズ可能なカラーオプションを備えた Razer Chroma RGB バックライティングによる個別にバックライトが光るキー
  • Razer Synapse 3 対応
  • プログラム可能なキーとオンザフライマクロ記録機能
  • N キー ロールオーバー、アンチゴースト機能を搭載
  • ゲーミングモードオプション
  • 1000 Hz Ultrapolling

これだけの機能が搭載されている。