まだ間に合うWin7からWin10へ無料アップグレードする方法

PCトラブル

MicrosoftのWindows7が2020年1月14日をもって延長サポートが完全終了しました。
また、Windows8.1のメインサポートも既に終了している。延長サポートも2023年1月11日に終了予定です。

最近だと、スマホのみなんて人も多いようで、「忘れてた」とか、久々に起動したら、全画面での通知が表示されて焦ったという人いませんか?

慌てて、Windows10のOSを購入しようとしている人、「ちょっと待った」です。
Windows 7/8.1のWindows 10への無償アップデートキャンペーンがどうやらまだ、使えるようです。
※いつ終了してしまうか不明・・・

Windows10への移行を考えている方、一度試してみる価値あると思いますよ。
なので、Windows10へアップデート方法を紹介しておきます。

※自己責任を行ってください。何らかの不具合が起きても当サイトでは責任を負いませんので

スポンサーリンク

まずは確認から

Windows10へ移行するには、まず、システム要件が満たしているか確認する必要があります。
満たしていないとアップデートできなかったり、アップデート後に不具合を起こすことがあります。

以下を確認してください。

  • 1GHz以上のプロセッサ
  • 32bit版は1G、64bit版は2GB以上のメモリ
  • DirectX 9 以上(WDDM 1.0 ドライバー)
  • 800×600以上のディスプレイ
  • ネット接続ができる環境

Windows7搭載のPCであれば、要件は満たしていると思います。
もし、システム要件を満たしていないようであれば、アップデートするよりWindows10搭載のPCを購入したほうがいいかと思います。

プロダクトキーを確認する

Windows10の無料アップグレードには、デジタルライセンス認証によって、引き続きライセンスは認証される(インターネットへの接続必須)
しかし、何らかのトラブルで認証されなかった場合は、プロダクトキーを入力しなければなりません。

なので、保険として、プロダクトキーを控えておきましょう。

上のようなシールが貼られていませんか?
ノートPCなら裏側、デスクトップなら、ケースの横、Windows10のディスクを購入しているのであれば、ディスクか、ディスクパッケージにあると思います。

ノートPCとかの場合、底面に貼られており、擦れて、プロダクトキーが読めなかったり、劣化していたり・・・・
あるいは、ディスクをなくしたとか、そんな場合でも大丈夫。

Powershellでプロダクトキーを確認する方法

検索ボックスに「PowerShell」と入力すると見つかると思います。
Powershellを起動後、以下のコマンドを実行します。

powershell “(Get-WmiObject -query ‘select * from SoftwareLicensingService’).OA3xOriginalProductKey”

↑をコピーしてください。

もし、エラーがでる場合は、コマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを試してください。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

プロダクトキーが確認できたと思いますので、これを控えておきます。
もし、エラーが出て確認できない場合は、フリーソフトで「ProductKey」というソフトがありますので、そちらで確認してみてください。
使い方もググれば、出てきますので

スポンサーリンク

データをバックアップする

OSアップデート前には必要なファイルやデータ、写真や動画などバックアップする必要があります。
Windows10へのアップグレード時に[個人用ファイルとアプリを引き継ぐ]を選択すれば、アプリも、データも移行できますが、失敗する場合もあります。なので、必ずバックアップすることをおすすめします。

バックアップをする場合はEaseUS Todo Backupを利用すると便利です。
利用しているPCのHDDまたはSSDと同じ容量かそれ以上の容量のHDD、SSDを用意すれば、丸ごとバックアップを取れます。
ディスククローンしておけば、最悪もとに戻すときに、HDD、SSDを取り換えれば、元に戻せます。
有料版と無料版がありますが、無料版でも驚くほど高性能です。
使い方もの図解付きで丁寧に記載されているので、初めての人でも利用しやすいところがオススメポイントです。

windowsの機能でメディアバックアップする方法もありますので、ググるといいかもです。
「windows〇 メディアバックアップ」で検索するとでてくると思います。〇の部分はお使いのwindowsのナンバーになります。(7なのか8.1なのか10)

ここまでは、下準備になります。あとで後悔しないように、準備してください。

スポンサーリンク

Windows10へのアップグレード

ここからは、本題のWindows10へのアップグレードになります。
windows10をダウンロードします。ダウンロードはこちらから


赤枠からツールをダウンロードします。ダウンロードすると「MediaCreationTool1909.exe」というアプリケーションがダウンロードできたはず。
アプリを実行すると、利用規約が表示されるので「同意」します。


「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し「次へ」進みます。
windows10のダウンロードが開始されます。

もし、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択したい場合は8 GB 以上の空き領域がある空の USB フラッシュメモリを用意してください。

あとはアナウンスに沿って実行していけば、Windows10へのアップグレードは完了です。
※インターネットの接続を切らないようにしてください。

スポンサーリンク

Windows10のライセンスを確認する

Windows 10にアップグレードしても引き続きライセンスは認証されています。ただ、使っているPCによっては、ライセンス認証がされないことがあるようです。


スタートメニューから「設定」を選択します。

「更新とセキュリティ」を選択し

左のメニューから「ライセンス認証」を選択するとライセンス認証されているか確認できます。

もし、ここで、ライセンス認証がされていない場合は、先に確認しておいた、プロダクトキーを入力してみてください。

それでもダメな場合はライセンスを購入してください。

既に、一度Windows10へアップグレードしたが、元に戻した人の場合はOKで一度もWindows10へアップグレードせずにいた人はダメだったとか7/8.1のライセンスキーは受け付けなくなったなど、情報が様々です。

私自身、過去にWindows10へアップデート期間が終了後に試してますが、成功してます。