Wi-Fiに新規格6GHz帯が利用できるようになるぞ

ITニュース

無線LAN規格を策定しているWi-Fi Alliance
Wi-Fiの周波数を6GHz帯(5.925GHz~7.125GHz)にまで広げた新規格「Wi-Fi 6E」を2020年1月3日に発表してました。

んー知らんかった。(/ω\)

無線LAN規格の全文はこちらから
※全部英語です。

スポンサーリンク

Wi-Fi 6Eはどう変わる

これまでのWi-Fi規格は2.4GHzから5GHz帯が対応周波数となってました。
もともと、2.4GHz帯だけだったんですが、チャンネルの関係上、ものすごく干渉するんですよね・・・・
なので、満足な通信ができなくなることもしばしば・・・・

そこで、5GHz帯も追加されたのですが、近年増加しているWi-Fi対応端末のせいで、周波数チャンネルがまたもや、不足する事態が予想されてます。

すでに、2018年10月にWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)が発表されています。Wi-Fi 6Eは無線免許不要な周波数として6GHz帯を追加した規格になります。
で、Wi-Fi 6Eになってどうなるかというと、高解像度の動画ストリーミングやデータの高速通信が向上します。

6GHz帯では80MHz幅のチャンネル14chと160MHz幅のチャネル7chが用意されているとのこと。6GHz帯での通信は、規制当局の承認を得ればすぐに利用可能だとWi-Fi Allianceは述べています。

今後の発展は?

新しい規格が発表されたからといって、すぐに使えるわけじゃないです。
Wi-Fi 6Eの通信網と対応したWi-Fi機器が必要になりますからね。

予想では、消費者向けのアクセスポイント導入され、そのあとに、皆に馴染みのあるスマートフォンに採用といった流れになりそうだとか。
その後、企業向けの機械学習、VRアプリケーションなどに採用されると予想されています。

Wi-Fi 6Eが創る未来とは

「6 GHz帯域は、おそらく過去20年間でWi-Fiユーザーにとって最も破壊的な恩恵となるでしょう。この周波数帯は、Wi-Fiと相まって、スマートフォン、AR / VRデバイス、ウェアラブルの新しい消費者体験を強化します6 GHz Wi-Fi向けのWi-Fi 6Eブランドは、Wi-Fiエクスペリエンスがさらに良くなることを消費者に知らせます。Broadcomは、Wi-Fi 6Eのワイヤレスの未来に興奮しています。世界中のWi-Fi愛好家に6 GHzの即時の可能性を増幅するシンプルでエレガントなブランドを生み出したことを業界に称賛します。」– Broadcom Inc.ワイヤレスコミュニケーションおよびコネクティビティ部門担当副社長Vijay Nagarajan

と述べられてます。

モノをインターネットにつな(IoT)がますます、盛んになるのではないでしょうか。
AR(拡張現実)VR(バーチャルリアリティ)がもっと身近になる日も近いといえるのではないでしょうか。