Windows10アップデートで不具合あるなら戻すのが吉

PCトラブル

windows 10大型のアップデートがあると時々、ドライバーやアプリケーションが対応していなかったりで、不具合は発生させることがある。

私も経験済み・・・・

不具合発生で、正常に動作しないや最悪起動しない場合もあり、困ることが多い。

アップデート後正常に動作しない場合には、アップデート前の状態に戻せることご存じだろうか。

ここでは、アップデート前に戻す方法と、その注意点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アップデート前に戻す方法

スタートメニューから「設定」を開きます。

「更新とセキュリティ」→「回復」を選択してください。

「前のバージョンのWindows 10に戻す」の開始ボタンをクリックすれば、↓の画面が表示されもとに戻せます。

注意点

赤線の部分10日以上前に更新されている場合はこの機能が利用できません。
また、アップデートのときに自動で作成される「以前のWindowsのバックアップ」が削除されていないことが必須です。
なので、windowsUpdate後、様子がおかしい場合はなるべく早く行ってください。

ちなみに、以前のWindowsのバックアップファイルは、「Windows.old」フォルダーという名前で Windows がインストールされているドライブに、作成されています。

上の画面のあと、以前のバージョンに戻すための理由を記載するアンケートのような画面が表示されますので、内容を記入後「次へ」進んでください。

進むと、更新プログラムをチェックしますか?と画面に表示されますが、前のバージョンへ戻すため、「チェックしない」を必ず選択してください。

あとは、画面の表示される指示に従って進めてもらえればOKです。

注意点

もし、windowsUpdate後にログインパスワードを変更している場合は、以前のバージョンに戻すことによって、ログインパスワードも以前のものになります。

windowsUpdate後に起動しなかった場合

Windowsが起動している場合は上記のやり方で元に戻せますが、Windowsが正常に起動しない場合には少々手間がかかります。

上記の記事の「windowsをセーフモードで立ち上げる方法その3」を実行し、「自動修復」画面を表示させてください。

自動修復画面の「詳細オプション」を選択し、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」と進みます。

しばらく待つと、オプション選択画面が表示されますので、「以前のビルドに戻す」を選択してください。

あとは、先に説明した手順でOKです。

注意点をまとめ

注意点をおさらいしておきます。

・アップデート後10日以内までなら戻すことができる。

・アップデートのときに自動で作成される「以前のWindowsのバックアップ」が削除されていないこと

・windowsUpdate後にログインパスワードを変更している場合は、以前のバージョンに戻すことによって、ログインパスワードも以前のものになる

それでもダメな場合は下記を参照し、起動しない原因を探ってみてください。