Office 2019が販売されるOffice 365との違いは何?

Windows10

日本マイクロソフトの永続版Officeの最新製品「Office 2019」を販売しました。
Windows版の対応OSはWindows 10のみとなっていますので、Win7、8など使っているかたは気を付けてください。

「Office Personal 2019」が29,800円
「Office Home & Business 2019」が34,800円(家庭・ビジネス向け)
「Office Professional Academic 2019」が27,800円(学生・教職員向け)
ソフト単体の「Access 2019」「Excel 2019」「PowerPoint 2019」「Word 2019」が各14,800円。

Officeソフト高いですよね・・・・
PersonalとHome & Businessの違いは「PowerPont」があるかないかの違いです。

スポンサーリンク

Office 2019は店頭ではカードタイプのPOSA版

ソフトの提供形態が店舗で買うかオンラインストアで購入するかなんですが、店頭で購入の場合はカードタイプのPOSA版になります。
ソフトウェアは別途ダウンロードしなければなりません。

昔はディスクで売っていたのが懐かしいです。

Office 2019とOffice 365の違いとは

たまに聞かれるので、ついでに書いときます。
凄く簡単に説明すると使える機能や性能は同じです。
Office 365は「1年間の使用ライセンスを購入」
Office 2019は「買い切り」永続ライセンス
になります。

Office 365は1年間のライセンス購入なら永続ライセンスのほうがいいのでは、と思いますが、状況によってはそうでもないです。
永続ライセンスの場合インストールできるPCは2台のみでつかえるユーザーは1人です。
仮に2台のPCにインストールしたとしても同時には利用できないのです。
もちろん3台目にインストールしてもライセンス認証がされません。

その点Office 365は同時に 5 か所でサインインして利用できます。
どのデバイスを使っているとか関係なく利用できますので、Windows、Mac、タブレットといった利用も可能になります。
1TBのOneDrive クラウド ストレージが付与されます。