youtuber必見オールインワンのビデオ制作ツール「Adobe Premiere Rush CC」がリリース

エンタメ

アドビシステムズがロサンゼルスで開催中のクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2018」で、オンラインベースの新しいビデオ制作ツール
Adobe Premiere Rush CC」を発表しました。

PCやモバイルデバイスから、同一のプロジェクトにアクセスして動画編集できるようになりました。
Windows版、macOS版、iOS版が先行してリリースされ、Android版は2019年にリリースされるようです。

動画素材をオンラインで共有し、「編集作業はiPadで行い、動画の書きだしは家のPCで行う」といったマルチデバイスによる編集作業を行えるようになってます。

Sponsored Links

Adobe Premiere Rush CCはオールインワン設計

ビデオ制作のオールインワンアプリとして設計されており、モバイルデバイスに搭載するカメラを使った撮影機能や動画編集、色調整、フィルター適用、オーディオ調整、AI技術「Adobe Sensei」を使った自動ツール、SNSへのアップロードなどに対応している。

また、AdobeのPremiere Proのエンジンを流用しているので、本格的な作業が、これ1つで行うことができる。
Adobe Stockに収録する、プロが制作したモーショングラフィックなどのテンプレートも呼び出して使用することも可能になっているので、動画編集初心者でも扱いやすくなっている。

Premiere Rush CCは、Premiere Pro CCの単体プランに含まれ、Premiere Rush CC単体プランの価格は、個人版が月額980円(税別)、グループ版が月額1980円(税別)
使用できる機能と作成できるプロジェクト数は無制限。

買うまではいかないが、少し使ってみたいと思う方も安心してください。
書き出しは3プロジェクトまでの「Premiere Rush CCスタータープラン」(無償版)も提供されます。