Windows 10 April 2018 Updateの修正をやっとリリースSSD関連の問題を解決

ITニュース

「Windows 10」の「April 2018 Update」(Windows 10バージョン1803)に対して、2つ目の新たなビルドをリリースされました。
Intel製および東芝製のSSDを搭載するPCに発生している起動時の問題に対する解決策が含まれているようです。

Windows10アップデートでIntel製SSDがクラッシュする被害あり
SSDの値段も安定してきて、SSD搭載PCも増えきました。 SSDのを使っている方はさぞ、快適でしょう、しかしwindowsUpdateによりそのSSDがクラッシュする被害がでたそうです。 IntelのSSD 600pシリーズが被害...

April 2018 Updateのビルド番号は「Build 17134.81」となる。ユーザーは「Settings」(設定)ページからアップデートを確認したり、「Microsoft Update Catalog」からパッケージを取得できる。

Sponsored Links

Intel製は大丈夫でも東芝製はダメ?

Intel製SSDを搭載したデバイスに発生する問題を解決するという、しかし同時期に報告されている東芝製のSSDについては、何も言われていない。

東芝製SSDの問題は、バージョン1803にアップグレードすることで、特定SSDを搭載しているデバイスのバッテリ持続時間が短くなる。

東芝の「XG4」シリーズと「XG5」シリーズ、あるいは「BG3」シリーズを使用しているユーザーに対して、6月の定例アップデート後のアップデートまで待つようにMicrosoftは勧めている。