windows10で録音できないのはステレオミキサーが無効だから

PCトラブル
スポンサーリンク

Windows10でPCから出る音を録音するために

Windows10でPCから出力する音を録音するには、最初にやることがあります。
それは、ステレオミキサーを有効にすることです。これが無効では話になりませんので

基本的にはデフォルト無効になっている気がします。
なので、いざ録音デバイスをみるとステレオミキサーがない・・・

たぶん、そうなった方がここを見に来たを思います。
ちゃんと説明いたします。

ステレオミキサーを有効にする方法

PCのタスクバー右にある音声アイコンを右クリックすると↓画像のようなプロパティが開きます。

キャプチャーの取り方を失敗して、「サウンド」が選択されていますが、「録音デバイス」を選択してください。

追記
Windows Updateのせいなのか、録音デバイスが表示されていないこともあります。
その場合は「サウンド」を選択してください。
開いたポップアップの「録音」タブを選択すればOKです。

「録音デバイス」を選択すると、録音機器が表示されます。

はい。ステレオミキサーなんて文字はありません・・・

右クリックするして、「無効なデバイスの表示」にチェックを入れます。
※この時点で、ステレオミキサーが表示されていれば、問題なしです。


無効なデバイスを表示するとステレオミキサーが表示されます。
ステレオミキサーを選択して右クリックで「有効」を選択で有効化できます。(緑のチェックマークがつく)

有効化できましたら、ステレオミキサーを選択して、プロパティをクリックし「レベル」などの設定を任意で行ってください。

それでもステレオミキサーが見当たらない場合

もし、それでも、ステレオミキサーが表示されない場合は、サウンドドライバに「Windows標準ドライバ」がインストールされていない可能性があります。
その場合は、デバイスマネージャーを確認してみてください。

Winマークを右クリックするとメニューが表示されますので、デバイスマネージャーを選択してください。
デバイスドライバがインストールされていないデバイスは、「ほかのデバイス」に分類されています。(下の方に表示される)
また、「?」や「!」が表示されているデバイスもドライバがインストールされていないデバイスになります。
サウンド系のドライバがあれば、使用しているPCにあったドライバーを探す必要があります。

また、録音に利用するソフトによっては、PCの設定だけではなく、ソフト側でも設定する必要があります。

Windowsアップデートのせいかもしれない

Windowsアップデートの影響でステレオミキサーや音声再生に問題がでている可能性があります。

複数のオーディオデバイスを搭載している場合、WindowsUpdate「KB4489899」がインストールされていると、内蔵または外付けのオーディオ出力デバイスが動作しない場合があります。

特に、高度なオプション設定ができるアプリケーションの場合に多い。

  • Windows Media Player
  • Realtek HD Audio Manager
  • Sound Blaster Control Panel

などのアプリケーションの音声がでない場合はWindowsUpdate「KB4489899」がインストールされていないか確認してほしい。

一時的な解決方法

一時的な解決策として、アプリケーションに用意されているオプション。

既定のオーディオデバイスを利用してください。

Media Playerの場合

  1. Windows Media Player を開き、[ツール] > [オプション] > [デバイス] の順に選択します。
  2. デバイスを選択し、[プロパティ] を選択します。
  3. 次のダイアログで、[オーディオ デバイスの選択] のドロップダウン メニューの一覧から [既定のオーディオ デバイス] を選択します。

設定」→「システム」→「サウンド」→「アプリの音量とデバイス設定

アプリケーションごとのオーディオ設定で、アプリケーションから目的のオーディオ デバイスにオーディオを送信できます。