“不適切な広告”をブロックへGoogle Chrome

ITニュース

スポンサーリンク

ポップアップや音声が勝手に流れるは今後ブロックされる

Googleは、自社で提供するブラウザ「Google Chrome」において不適切な広告をブロックする方針だと発表しました。

Sridhar Ramaswamy氏は公式ブログで、「広告はユーザーにとって有益で魅力的であるべきなのに、実際は音楽が勝手に流れたり、ポップアップなどで見たいコンテンツを見るまでに10秒間も待たされるような侵入型広告が溢れているとしている。」といっています。

不適切な広告とは?

Googleはオンライン広告をより良くするための業界団体Better Adsに加盟しています。
(迷惑広告についての情報を提供している)
Better Adsが定めるユーザーにとって適切な広告の基準「Better Ads Standards」に適さないWebサイトについては広告を表示しないようにするということになります。

なので、ブログを運営していて、AdSenseを貼っているからといってすべてブロックされるというわけではありませんので、ご安心を

今後はどうなるか

今後は、「Ad Experience Report」ツールの提供により、サイト運営者が自分のサイトが基準を満たしているかどうかがチェックできるようになるそうで、ユーザーに対して広告ブロッカーの使用の有無や、課金して全広告を削除するのかを選択できるようにするといいきっているので、今後はたとで、GoogleのAdSenseであっても表示されないということもありえそうです。

さらに、2018年の初めには「Better Ads Standards」の基準を満たさないWebサイトでは、広告掲載を停止する予定となっています。