G413 高耐久アルミ合金採用のゲーミングキーボード

ガジェット
スポンサーリンク

ロジクールG413 メカニカル ゲーミング キーボードが発売

ついこないだK840ってよさげなキーボード出したばかりなのに、今度はゲーミングキーボードです。

「Logicool G」シリーズの「ロジクール G413 メカニカル ゲーミング キーボード」販売開始は6月15日からで、お値段1万4450円。
んーゲーミングキーボードだから、これぐらいしますよね。

G413は航空機と同じ素材?

G413は航空機に使われる高耐久アルミ合金5052をボディーに採用しています。
そこまでの耐久性が必要なのかは置いといて、艶消し処理で高級感あるデザインです。
タクタイルゲーミングキーキャップが12個付属するそうで、好みに合ったキーキャップに変更できます。
たぶん、これ↓

独自の「ROMER-G メカニカルキー」を採用しているので、青軸とも、茶軸とも違う独特のカチカチした音がします。(青軸ほどうるさくない)
1.5mmのアクチュエーションポイントにより、一般的なメカニカルスイッチと比較して最大25%の高速入力が可能なんだとか。

本体には専用USBコネクタがあり、マウスを接続するなどできます。
レシバーも利用できるそうで、USB接続の充電のほかに、データ転送もできるようです。

キーレイアウトが108キー日本語、キーピッチは19mm、キーストロークは3mm、押下圧は45g、最大26キーの同時押しが可能なほか、8度の角度調整機能を備える。12個のファンクションキーはプログラマブルキーの「Gキー」として利用可能。

サイズはおよそ幅445×奥行き132×高さ34mm、重量はおよそ1105g。ケーブル長は180cm。対応OSはWindows 10/8.1/8/7。

K840もいいけど、こっちもいいな( 。◕ˇдˇ◕。)
キーボードばっかり揃えてもしょうがないんですけどね(>人<;)