Intel Optane SSD 905PシリーズにM.2版が追加

ガジェット

Intelのパワーユーザー向けSSD「Optane SSD 905P」シリーズにM.2版「SSDPEL1D380GAX1」が追加されました。
インテルとマイクロンが共同開発した新メモリー技術「3D XPoint」を採用しているハイエンドSSDで容量は380GBとなっています。
まぁお値段も62,000円(税抜)ということでお高いものになってます。

Sponsored Links

Optane SSDとは

従来のSSDでは、技術的に対応が難しかった書き込み性能と耐久性能(書き込み上限回数)を大幅に強化したSSDのこと
高解像度データのコンポジット処理など、大容量データの繰り返し書き込み処理が得意
耐久性能(書き込み最大回数)も、従来品をはるかに超える高い水準を実現し、書き込み処理が多い用途でも活用することが可能となっています。

ざっくり説明するとSSD=高速、Optane SSD=超高速って感じです。

高耐久・低レイテンシがウリの「3D XPoint」

Optane SSD 905Pシリーズ高耐久性や低レイテンシ、高いランダム書き込み性能を得意とする3D XPointメモリを採用しているNVMe SSDなわけですが、
拡張カードタイプ(HHHLフォームファクタ)や2.5インチ(U.2接続)タイプがすでに発売されていました。今回はM.2版が追加された。

製品の主な仕様はシーケンシャルリードが2,600MB/s、同ライトが2,200MB/s、
ランダムリードが575,000IOPS、同ライトが550,000IOPS、
レイテンシーはリード/ライトともに10μs。
耐久性評価(書き込み上限数)は6.93PB、MTBF(平均故障間隔)は160万時間。
とう通常のSSDとは一線を画す性能を発揮します。

ただ、製品はカード長110mmでM.2 22 x 110mmのサイズのようで、一部マザーボードやノートPCでは収まらない可能性があります。
購入する際は、搭載できるか確認の上で購入するほうがいいでしょう。

intel公式