第13世代Intel Core i7-13700K搭載ゲーミングPCがマウスコンピュータから登場

ガジェット

話題のIntel製CPU、第13世代を待ち望んでいる方、
第13世代Intel Core i7-13700Kを搭載したゲーミングPCがマウスコンピュータから登場しました。

購入を迷っている方は下記を読んでね。

スポンサーリンク

G-Tuneシリーズから待望の第13世代

まぁとにもかくにも、スペックです。

OSWindows11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-13700KF プロセッサー
グラフィックGeForce RTX® 3070 GDDR6 8GB
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル) DDR5-4800
ストレージM.2 1TB (NVMe Gen4×4)
ドライブDVDスーパーマルチドライブ (スロットイン)
電源700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® BRONZE】
重量約16.9kg

CPUは第13世代Core i7-13700KFなわけですが、詳細は以下
16 Cores (8 P-cores 8 E-cores)コア / 24スレッド
3.40GHz(P-cores) 2.50GHz(E-cores)
TB時最大5.40GHz(P-cores) 4.20GHz(E-cores)
30MBスマートキャッシュ
となってます。

メモリは32GB構成ですが、スロットは4つあるので、空きが2つあります。
32GBメモリ4枚で最大128GBまで対応してます。

ちなみに、チップセットはインテル製Z790です。
ほかにも。CPUクーラーは水冷式(360㎜ラジエーター)仕様です。

お値段は359,800円です。
んーいいお値段だ・・・

スポンサーリンク

カスタマイズ注文も一部可

マウスコンピュータといえば、自分仕様にできるカスタイズ注文なんですが、
グラフィックボートがGeForce RTX 3070なんですが、つい最近発売されたRTX 4090などに変更することができません。
んーちょっと残念ですね。

ちなみに、OSはHomeからProへ変更可で+8800円(税込)です。
CPUは、第13世代Core i9-13900KFへの変更可となってます。追加で34100円(税込)が必要ですがね。
あとはお決まりのストレージの追加とメモリの追加など可能になってます。

スポンサーリンク

どんなカスタマイズがおすすめ?

個人的には、そのまま買って使って問題ないと思います。
メモリスロットは2つ空いてますので、しばらくたって、メモリが足らないなと思えば、追加するもよしです。
もし面倒なら購入時に追加しておいてもいいかもです。

ゲーミングPCですから、ゲームをダウンロードすると思います。ゲームデータは何十GBもあったりするので、1TBあってもすぐにいっぱいってこともありますよね。

なので、追加でSSDなりHDDなりを追加しておくのもいいかと思います。
すでに、SSDまたは、HDDがあるって人は購入後に内蔵すればいいでしょうね。

なので、メモリだけ追加16GB×4枚構成の64GBか(追加で47,300円(税込)が必要)、32GB×2枚構成の64GB(追加で50,600円が必要)にしてスロットを2つ開けておいて後に追加する形をとるぐらいがオススメかなと思います。

グラフィックボードが変更できないので、CPUはi7で十分ではないでしょうか。
メモリの追加だけでも、合計が40万円を超えるのでなんともですけどもね。

スポンサーリンク

RTX 4090がいいという人は覚悟せよ

せっかくなんだから、グラフィックボードも最新のRTX 4090がいいって人もいるでしょう。
しかし、覚悟してください。
第13世代Core i7とRTX4090の構成で最安でも50万円超えてきます。
Core i9ともなれば、60万円を超えてきます。

メモリやストレージも潤沢にとなれば、70万円を超えてきます。
購入するにはかなり覚悟がいります。

まぁお金持ちの人は関係ないんでしょうがね・・・