Windows10でDVDが見れない場合の対処方法

PCトラブル
スポンサーリンク

Windows10標準でDVDが再生できない

Windows 10はWindows 8/8.1と同様に、標準ではDVDビデオを再生できません。
パソコンでDVDを視聴したい場合は、純正アプリの「Windows DVD プレイヤー」や無料アプリをインストールする必要があります。

Windows10でDVDを見る3つの方法

1.マイクロソフト製の「Windows DVD プレイヤー」を利用する
2.無料で入手できるフリーの動画再生ソフトを利用する
3.市販のDVD再生ソフトを利用する

1.マイクロソフト製の「Windows DVD プレイヤー」を利用する

Windows 10向けに純正のDVDプレイヤーアプリがあります。
しかし、こちら、1500円という価格です。無料じゃないのかよと思った方、以下の場合は無料で利用できます。

・Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimateからアップグレードした場合
・Windows 8/8.1 with Media Center Pack、またはPro Pack適用済みの状態でアップグレードした場合
上記の場合は、Windows Updateから自動的に無料でインストールされているはずですので、既にインストールされているかもしれません。

私の場合はWindows 7 Home Premiumからのアップグレードだったので、無料で利用しています。

ちなみに1500円で購入している場合、購入時のMicrosoftアカウントを利用している端末なら最大81台で使うことができます。PCやタブレットの台数が増えるほど割安になります。

インストール方法は簡単で、スタートメニューから[ストア]をクリックして起動します。
ストアが起動したら、右上の検索ボックスに「DVD」と入力し検索すれば[Windows DVD プレイヤー]が出てきます。
そこから購入できます。

2.無料で入手できるフリーの動画再生ソフトを利用する

できるだけお金を使いたくないという方にはフリーソフトもあります。
有名なところだと、GOM PlayerVLC media playerといったところでしょうか。

他にもフリーソフトはたくさんありますので、探してみてください。
フリーソフトをインストールする場合はよく確認しながらインストールしてください。たまに、一緒に不要なソフトもインストールを促されたりしますので、

3.市販のDVD再生ソフトを利用する

PowerDVDってのがあるんですが、スタンダード版でも4800円になります。
結構お高いです。

手軽に済ませたい場合は1.か2.ではないですかね。