SanDiskの1TBポータルSSDが1万5000円タフでコンパクトで使い勝手がいい

ITニュース

SSDもだいぶ安くなってきましたね。
ただ、昨今の半導体不足で今後は値上がり傾向にありそうですけどね・・・・

データの持ち運びにはフラッシュメモリなんかをよく使ってましたが、データが大きくなるとそうもいかない・・・
外付けHDDとかを昔使ってましたが、3.5インチのHDDだと別途電源が必要なので、コンパクトで別途電源のいらない2.5インチHDDのタイプをよく使ってましたが、そろそろ、SSDにしてもいいかなと思う次第です。

そこで見つけた手頃なやつがSanDiskですわ。
まぁSanDiskは価格が安い割には性能もそこそそいいので結構、私はお世話になってます。

スポンサーリンク

1万5000円で買えるSanDisk外付けSSD

2.5インチの外付けHDDはメーカーにもよりが、だいたい10㎝×7cmぐらいの大きさで厚みは1㎝程度の大きさです。
SanDiskのSDSSDE30-1T00-GH25ポータブルSSDは、9.6㎝×4.7㎝厚みは1㎝程度なので、横幅が少し小さくなる程度なんですが、読み書きの速度は段違いに速いです。

しかも、2mの落下に耐える衝撃性能を持っているので、持ち運びには持ってこいな商品です。
SSDの割に厚みがあるのはケースが耐衝撃に強いためでしょうね。

1TBもいらんって人は480GBモデルもあるので、そちらだと1万円を切る9,152円です。

スポンサーリンク

インターフェースについて

接続方法はUSB 3.2となってます。SSD側はUSB-TypeCでPC側はUSB-TypeAとなります。
もちろん、PCだけでなく、PS4やPS5でも使用できます。

PC側がUSB-TypeCしかない場合は変換コネクタが必要になるのが注意点ですね。
このときに、USB3.0とかの変換コネクタとか買わないように・・・・

USB-C to USB-A変換アダプタ