Windowsでめちゃ簡単にWordPressのローカル環境を構築する

ITニュース

サイトや、ブログの構築にWordpressを利用するなって、今ではよく聞く話、

私のブログもWordpressを利用しています。m9っ`・ω・´)

で、とりあえず、Wordpressを触ってみたいとか、Wordpressのテンプレート試してみたいと思ったときに、わざわざサーバーを借りて試す人なんていないでしょう。

大半の人はローカル環境(自分のPC上でのみ動く)を構築すると思います。

もっとも多く利用されるのはXAMPPやInstant WordPressとかでしょう。

これをもっと簡単に、そして複数の環境を構築できPHPのバージョンまで変更できる高性能なツールを見つけました。

その名も「Local」しかも無料です。m9っ`・ω・´)
Windows Macにも対応しています。

スポンサーリンク

Localの主な特徴

  • ローカルにWordPress環境を簡単に構築できる
  • WordPressの環境を複数構築できる
  • サーバー知識が不要、ざっと5クリックでOK
  • WordPress日本語版に対応
  • 共有可能なURLを作成して、クライアントに見せることが可能
  • PHP5.2.4から7.1.4、Server(Apache, nginx), MySQL5.5, 5.6サポート
  • ローカルSSLサポート
  • SSH/WP-CLIアクセス

ざっくり5クリックでWordpress環境を構築できるなんていい時代です。

前置きが長くなりましたが、UIも優れ、使いやすい「Local」のインストール手順をご紹介します。

Localをダウンロードしインストール


まずはLocalのサイトから無料ダウンロードします。

「Free Download」をクリックすると、ダウンロードのパネルが表示されます。

↑ダウンロードパネルです。

MacかWindowsを選択します。私のPCはWindowsのためWindows版でご紹介します。
いくつかの入力欄があって面倒と思うかもしれませんが、
「Work Email」のメールと「How many WordPress…」のWordPressをいくつ管理しているかの2つだけを入力するだけででOKです。

「Get It Now!」をクリックするだけでダウンロードが始まります。

本体が450MB以上ありますので、回線が遅い人は気長に待ってください。


1クリック目、「Let’s Go!」をクリックすると必要なソフトをダウンロードし始めます。
ちょっと時間掛かるかも、


2クリック目、「CREATE A NEW SITE」をクリックしてWordpressのサイト設定を行います。


サイト名を入力します。ここでは「localsite.com」としてますが、.comは別に必要ないです。ただの名前です・・・・(>人<;)


オプションを選択すると、ドメインやローカル保存場所を指定できますが、今回はデフォルトのまま進めます。
3クリック目、「CONTINUE」をクリック


サーバーの設定を行いますが、ここもデフォルトのままでOK
4クリック目、「CONTINUE」をクリック

ちなみにCustomを選択するとPHP、Webserver、Mysqlのバージョンを選択できます。


ユーザー名とパスワードを設定します。
5クリック目、「ADD SITE」をクリック

設定はこれで完了です。m9っ`・ω・´)


Wordpressのデータは下記に格納されています。
C:\(ユーザー名)\(ユーザー名)\Local Sites\

私の場合は名前をlocalsite.comにしたので、\localsitecom\となっていました。

テーマやプラグインを追加したい場合は、public以下にWordPressのフォルダ構成があるのでそこに格納です。

右上にある「ADMIN」をクリックするとwprdpressの管理画面が開きます。先ほど設定したユーザー名、パスワードでログインしてください。

初期設定ではWordpressは英語になっていますので、SettingのSite Languageを日本語を選択して「Save Change」をクリックして保存してください。

もうこれで、Wordpressのローカル環境が完成です。щ(゚Д゚щ)