Windows11古いPCにもインストールできるように最小システム要件の変更

ITニュース

Windowsの次期バージョンOS「Windows11」が出ることが確定し、Windows11をインストールできるシステム要件が公開されていました。
まぁ以下なわけですが、

CPU1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPM(TPM) バージョン 2.0
グラフィックDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

詳しく知りたい人は下記参照

これは、Windows Updateを通じてのWindows10から11へアップグレードする場合に適用される要件でになります。
しかし、ISOファイルを用いる場合は最小ハードウェア要件を満たしていなくてもWindows11をインストールできることが明らかになりました。
今回はそのあたりの話です。

スポンサーリンク

古いPCにもWindows11をインストール可でも自己責任で

インストールするための最小要件は先にも記載しましたが、Intelの第8世代以降のCPUが正式にサポートされるとなってます。
しかし、第7世代や第6世代のPCを使っている人もまだいるはず。

古いPCでも、ISOファイルを使えばWindows11をインストールすることが可能とのこと。
ただし、最小要件以下のPCにWindows11をインストールする方法はあくまでも、ユーザーの自己責任によるものとされており、Microsoftがユーザー向けにインストールする方法を宣伝したり、推奨することはないとなってます。

また、Microsoftによるとこの方法でWindows11をインストールしたPCはWindows Updateを取得する資格がない可能性があるとのことです。

それでも数多くのPCが救われるはず

本来は最新のOSがインストールできないはずのPCにインストールできるとなれば、何百万台ものPCが救われるはずです。

ユーザーはISOファイルをダウンロードしてWindows 11を手動でインストールする必要があるがそこまでの手間ではないはず。

スポンサーリンク

Intel第7世代CPUを持つものは救われる

システム要件がIntel第8世代以降となっていたのですが、Intel第7世代のCoreXシリーズ、Xeon Wシリーズ、Suface Studio2に登載されているCore 7820HQなどを正式サポートに加えるとされました。

私個人としては歓喜です。なぜならASUSのZenBook3がIntelの第7世代なんです。
まだ詳しくは調べてないのですが、なんとかなりそうなのでうれしい次第

AMDの第1世代Ryzenは残念なことに

MicrosoftはAMDと提携して第1世代のRyzen「Zen」シリーズをWindows11のシステム最小要件に含むか否かを調査していたそうですが、最終的にサポートされないということも明らかになりました。

第1世代Ryzenをお使いの方は残念です・・・

スポンサーリンク

自己責任のハードルの高さが問題

古いPCもISOファイルからWindows11をインストール可能ではあるものの、そこにはリスクも伴います。
ISOファイルを入手してインストールすること自体はそこまでハードルは高くないはずなんですが、この場合なんと、「カーネルモードのクラッシュ率が52%増加する」とMicrosoftが言ってます。

中々な確率でクラッシュする模様・・・

ちなみに、システム要件を満たしている場合は99.8%クラッシュしないとのこと、1%未満はクラッシュ可能性があるようですが、たぶん自作PCや特殊な仕様なものでない限りは問題ないはず。

スポンサーリンク

よりわかりやすく

今回のシステム最小要件の更新にあたり、Windows11へアップグレードできるかチェックする公式アプリをアップデートするようで、Windows11へアップグレードできないPCに対しても、なぜアップグレードできないのかをより明確に説明できるようにするそうです。

たしかに前ためしたときはわかりずらかった。
私のデスクトップは要件満たしているはずなのにインストールできませんとでましたからね。