Surface Pro 6もSurface Laptop 2も新色ブラックが追加

ガジェット

Surface Pro 6とSurface Laptop 2が発表されました。
Surface Goってなんだっただろうか・・・・

こちら、両モデルとも、初の新色ブラック追加されています。

スポンサーリンク

Surface Pro 6の性能とやらは

マイクロソフトがWindows 10タブレット/ノート Surface Proの新モデル、名称がSurface Pro 6となったわけですが、
その性能はどうなんでしょうか。

前モデルのSurface Proとほぼ同じ本体やディスプレイとポートになっていますが、
プロセッサが第8世代 Core i5/i7になりました。
このおかげで、最大67%高速化したリフレッシュモデルになるわけです。

主な仕様としては、
12.3インチ2736 x 1824 (267ppi) PixelSense 液晶ディスプレイ
第8世代 Core i5/i7
インテルUHD Graphics 620
8GBまたは16GBのRAM
ストレージは128GB / 256GB / 512GB /1TB中から選択する形です。

ディスプレイのサイズも画素数も前モデルから変化はないですが、マイクロソフトいわく、コントラスト比などの性能は向上しているそうです。

ポート類が
フルサイズUSB 3.0
ミニディスプレイポート
マイクロSDXCスロット
3.5mmヘッドホン端子
Surface専用の充電・データ転送コネクタSurface Connectとタイプカバー接続端子
でやっぱり、USB Type-C端子はない。

バッテリーも変わらず、ローカル動画再生で最大13.5時間。

簡単にいえば、カラーが増えて、CPUがよくなったとこでしょう。
グレー(プラチナ)の最安モデル Core i5、8GB RAM、128GBストレージで899ドル
Core i7、16GB、1TBの最上位モデルは2299ドル

前モデルより多少安くなり、性能が向上してます。

Introducing Microsoft Surface Pro 6

Surface Laptop 2の性能とやらは

こちらは、Surfaceがクラムシェル型になったタイプですね。
タブレットとして使わない方にはこちらの方が、しっくりくるでしょう。

デザインは前モデルと変化なしで、ブラックが追加された形です。

黒くなって、かっこよくなった気がするのは私だけだろうか・・・・

前モデルとの違いは、第8世代 Intel Coreプロセッサを搭載しこととメモリを8GBへ変更したことぐらいかな・・・
それにより、85%高速化したとマイクロソフトは言っています。
型番はCore i5-8250U、Core i7-8650Uでどちらもクアッドコア、Kaby Lake Refresh世代のCPUらしい。

海外モデルは、RAM 8GB・16GB/プロセッサ Core i5・Core i7/SSD 128GB、256GB・512GB・1TBからカスタム可能の様子
なぜか、マットブラックモデルは256GBからしか購入できない。

Surface Laptop 2、アメリカでは999ドル(約11万円)スタート。
日本では12万6800円
ちなみに前モデルは、日本にて12万6800円だったので、お値段据え置きになった形ですね。

個人的にSurface Laptopがほしいと思ったけど、キーボードの部分が布っぽい仕様だったのでやめました。
今回のモデルも同じ仕様なので、見送りだな・・・・

キーボード部分も本体と同じようにしないかな・・・・

Introducing Microsoft Surface Laptop 2