「VAIO FL15」Ryzen 3搭載でお求めやすい価格で登場

ガジェット

VAIOの15.6型ノート「VAIO FL15」が登場

VAIOといえば、高性能でスタイリッシュなイメージですよね。
ただ、その分お値段が・・・・10万超えるのが当たり前なんですが、今度のVAIOはお求めやすい価格になりました。
お値段が税込:79,200円という。

これまで、VAIOといえば、Intel製のCPUを採用したモデルでしたが、今回はAMD製 Ryzenを採用してます。
何気に今回は初のAMD製CPU採用です。

スポンサーリンク

VAIO FL15の性能とやらは


カラバリは3色ブラック・シルバー・ホワイト

ちなみにWindows11へのアップグレード対象製品となってますので、のちにWindows11が登場したあとも活躍してくれます。

スペックは以下

OSWindows10 Home 64bit
CPUAMD Ryzen3 4300U (4コア/2.7GHz)最大3.7GHz
メモリ8GB
ストレージSSD NVMe 256GB
インターフェースHDMI USB Type-C端子、USB Type-A端子×2、microSDカードスロット
サイズ幅367.7×奥行き239.2×高さ20.5mm
重さ1.85kg

OSは5500円プラスするとProの選択もできます。

Officeもオプションで選択することもできます。
メモリやストレージの拡張はないです。

スポンサーリンク

個人的に思うところ

どうやらこのVAIO FL15は新規層・カムバック層にターゲットにして、価格を抑えたようで、個人的にはメモリ8GBは少々すくないと感じる・・・
が、通常のビジネスやネットサーフィンなどでは、8GBでも十分ですけどね。

これまで、VAIOは高性能でスタイリッシュなイメージでしたが、こういったRyzenを採用して低価格化するのはいい傾向だと思います。