Razer Blade 14が最強のゲーミングノートになるのだろうか

Razer

ゲーミングPCのでオシャレでスタイリッシュなモデルといえば、Razerから販売されている。RAZER BLADE
今回、新に「Razer Blade 14」が登場した。

これまで、Razerは以下のモデルだしている
13インチの「Blade Stealth 13」
15インチの「Blade 15」
17インチの「Blade 17 Pro」
13.4インチの「Book」(ゲーミングPCではない)

ここに新しく14インチが加わるわけですが、グラボ違いで3モデル用意される。
搭載されるGPUはもちろんRTXシリーズ、GeForce RTX 3060、3070、3080になる。

スポンサーリンク

Razer Blade 14はAMD製CPUを採用

これまで、BladeシリーズはIntel製のCPUを採用してました。おもに、Core i7やi9が採用されていました。
しかし、今回はAMD製の「AMD Ryzen9 5900HX」になります。
※Blade 14にはIntel製のCPUモデルはありません。

パッと見は、これまでのBladeシリーズと変わりません。

インターフェースが少なくなる

これまで、Blade15・17にはSDカードスロットがありましたが、Blade14では廃止になってます。
また、USB(Type-A)のポートも1つなくなってます。
小型化したことによるスペースの問題なのかもしれません。

スポンサーリンク

Blade 14の性能とやらは

詳細スペックがまだわからないため簡易になりますが、以下のスペック

OSWindows 10 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 9 5900HX Processor
8 Cores / 16 Threads, 3.3GHz Base, 4.6GHz Max Boost
ディスプレイ14-inch FHD 144Hz, 1920 x 1080
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 (6GB VRAM)NVIDIA GeForce RTX 3070 (8GB VRAM)NVIDIA GeForce RTX 3080 (8GB VRAM)
メモリ16GB DDR4-3200MHz (Fixed Onboard)
ストレージ1TB SSD (M.2 NVMe PCIe 3.0 x4)

GPUが違うだけで、あとは基本同じです。メモリ16GBのオンボードということで、拡張は出来なさそうです。
ストレージも1TB SSDですが、たぶん個人で分解できないのでこちらも拡張は出来なさそうです。

寸法は16.8 mm x 220 mm x 319.7 mm、本体重量は1.78 kgとゲーミングPCのなかではかなり軽いく薄い。

RTX 3060モデルで約1799ドル、RTX 3070モデルで約2199ドル、RTX 3080モデルで約2799ドルとなってます。

モデルによっては、Blade15よりお得な価格になってる。