Amazonマーケットプレイス詐欺にご注意を

ITニュース
スポンサーリンク

注文した商品が届かない

Amazon.co.jpに業者や個人が出品できる「マーケットプレイス」
今、このマーケットプレイスを利用した詐欺が横行しています。
「注文したが届かなかった」「途中でキャンセルされた」という被害報告が多数あるそうです。

人気商品が過度な安さで販売されている場合は注意が必要です。
たとえば、Nintendo Switchが新品で1560円で販売されていたりします。

どうやって見分ける

マーケットプレイスには二通りの出品者があります。
1.販売のみならず、発送もマーケットプレイス出品者が行う
2.販売はマーケットプレイス出品者が行うが、発送はAmazonが行う


商品ページにこのような形で表示されています。
ちなみに、こちらの商品Nintendo Switchです・・・出品者の部分は隠しましたが、たぶん詐欺じゃないかと思われます。

1.Amazonの販売
「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」
こちらの記載の場合は、Amazonが販売し在庫もAmazonの倉庫にあり、Amazonが発送します。

2.Amazon発送のAmazonマーケットプレイス出品者
「この商品は、○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」
こちらの記載の場合は、出品者は○○という会社または個人になりますが、在庫はAmazonの倉庫にあり、Amazonが発送します。

3.自社発送のAmazonマーケットプレイス出品者
「この商品は、○○が発送、販売します。」
こちらの記載の場合は、出品者は○○という会社または個人になり、在庫も出品者が管理し発送しています。

そして、出品者のところがリンクになっていますので、簡単に出品者のプロフィールを見ることができますので、
こちらを確認してください。

住所や出品者を確認し日本語でない場合は要注意です。日本語であっても、その住所を一度検索してみたほうがいいかもしれません。

また、出品者の評価を見るというのも1つの手です。
詐欺出品は新規の出品者によるものが多いそうです。ただ、既に高評価を得ているアカウントを詐欺業者が乗っ取って出品しているとみられる例もあるそうなのでご注意を・・・・

破格の安さの場合は、気をつけるが一番かもしれません。

二次被害の可能性

マーケットプレイスでは、注文した商品が届かないなど問題が起きた場合、Amazonに「マーケットプレイス保証」を申請し、認められれば(100%ではない)最大30万円までの返金が受けられます。
金銭的被害はゼロにできますが・・・・

届け先に指定した住所や氏名などの個人情報は販売者に渡ってしまっているので、二次被害に合うかもしれないです。
渡ってしまった、個人情報が悪用されかねませんので・・・・

便利なAmazonですが、利用する上で慣れてしまいすぎて、このような詐欺にひっからないように・・・

詐欺の手口が巧妙化

先日、Amazonマーケットプレイス詐欺について書きましたが、手口が巧妙化しているようです。

破格の値段で販売されてるのは気をつけよう

相場より微妙に安い価格も設定される

海外発送は怪しいから気をつけよう

日本国内の住所、名前の出品者が増える

新規出品者も怪しいから気をつけよう、ちゃんと評価を見よう

既存の休眠アカウントのハッキング、乗っ取りにより評価付きの出品者が増える

最近の評価がついていないのも怪しい?

今月評価が付いたアカウントも乗っ取られる・・・

どんどん、詐欺かどうかわかりにくくなっています。
そして、今もなお、新規の出品ができます。

この騒ぎはまだまだ続く?

去年の段階でアメリカ、ヨーロッパでも同様の事件が発生していたようで、Amazonは対策する気あるのだろうか・・・・

抜本的にな解決策がAmazonより提示されていないので、この騒ぎまだまだ続きそうです。

Amazonでの購入を控えるか、購入する場合はマーケットプレイスはやめておくかの念には念を入れた対策が必要かと思います。

もし、購入してしまっていたら、個人情報は筒抜けです。
なにかの犯罪の名義に使われたりする可能性があり、非常に危険です。