「Pixel 3a」シリーズはミドルレンジとか言うけどアリだな

ガジェット

Googleが、開発者会議「Google I/O 2019」で、オリジナルスマホPixel 3の廉価版となる、「Pixel 3a/3a XL」を発表した。

事前のリーク情報もあいまって、話題になっている。

日本でもすでにGoogle Storeでの予約販売が開始されている。

なぜそこまで話題になるのかというとまずは値段だろう、価格を抑えた廉価版という位置になるがそれでも十分なスペックを誇っているのも話題になる1つでしょう。

Sponsored Links

Pixel 3aシリーズはコスパがいい

Pixel 3aとPixel 3a XLは、2018年に発売した「Pixel 3」「Pixel 3 XL」のデザインや機能をベースにしながら、スペックを少し抑えたモデルになる。

価格がPixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円と最近のスマートフォンの価格では安い部類に入る

iPhoneの最新機種だと10万円を超えることは当たり前で、10万円を超えることで分割支払いでできなくなった学生なども多い。しかしPixel3aはずいぶんと値段が安い。

カラーはJust Black、Clearly White、Purple-ishの3色展開だ

デザインや本体カラーは共通で、画面サイズと重量、バッテリー容量が異なってくる。

廉価版だから悪いわけじゃない

廉価版というと劣っているというイメージを持たれがちだが、そうではない。

本来、普段のスマートフォン利用において、ハイエンドである必要性はない。実際アプリゲームでも大きなタイトルでない限りはそこまでの処理能力は必要でもない。
※本格RPGのようなアプリはハイエンド端末のほうがいいけども・・・

ディスプレイとアスペクト比は、Pixel 3aが5.6型のフルHD+有機EL(1080×2220ピクセル)で18.5:9、
Pixel 3a XLが6.0型のフルHD+有機EL(1080×2160ピクセル)で18:9。2機種ともディスプレイにノッチ(切り欠き)は設けておらず、上下のベゼルはやや広い。
Pixel 3/3 XLに比べ若干解像度が落ちるものの、決して悪くはない。

Pixel 3a/3a XLはポリカーボネートのユニボディーに変わっている。
ちなみに、Pixel 3/3 XLはアルミフレームとガラスパネルです。

アルミのほうが高級感あっていいかもしれないが、スマホカバーつけるでしょ?こういうとことのコストカットが価格にも響いてきますからね。

メモリは4GBで内蔵ストレージは64GBとなっている。ストレージが少々少ない感じはする。microSDなど対応していないので、写真を山ほど撮る人とかはクラウドストレージが必要になるかもしれない。
CPUはQualcomm Snapdragon 670を採用している。

逆にそこまで写真も撮らない人やアプリゲームをやらない人にとっては十分すぎるほどの機能といえる。

何気に日本版モデルの機能は残されている

日本版モデルにはFelicaが搭載されており、おサイフケータイにも対応しているので、キャッシュレス化したい人のニーズに対応している。
廉価版とはいえ、この部分が削られなかったのはありがたい人が多いはず。

Pixel 3aとPixel 3はどう違う

先ほど、本体素材がポリカーボネート製になったことは上げているが、ほかにもどのような箇所が変わっているのだろうか。

見てわかる部分では、本体素材、と解像度が少し下がっている。CPUもワンクラス下のものを採用しているが現行のスマートフォンを比較してもそう大差はないので安心してほしい。

機能面だと、Pixel Visual画像処理をしていた機能が非搭載になっている。
ただし、「握って操作」の背面指紋センサーといった操作感覚に繋がる機能は残されている。

3.5mmイヤホンジャック端子が追加されている。

詳しい比較はこちらのサイトで行われている。

「Pixel 3a」シリーズは万人向け

ハイエンド端末が必要でない人、スマホでLineぐらいしか利用しないような世代には十分過ぎるスペックとなっているので、その方たちには向いている。

ほかにも、端末と通信料を分離し始めたキャリアを使っている人は高額な端末を買うより、安く、性能もそこそこいい端末を選ぶならPixel 3aシリーズは最適といえる。

筐体の高級感やワイヤレス充電、なにより処理速度を必要としない人にも最適な端末といえる。

そうなると、一部のアプリゲーマーやブランド思考が高い人でない限りは「Pixel 3a」十分と言える。
よって、万人に受ける端末となってます。

iFixitいわく修理が容易らしい

Googleの新型スマートフォン「Pixel 3a」をさっそくiFixitが分解してレポートしている。全体として修理は容易だそうで、0から10段階の数値で先代「Pixel 3」「Pixel 3 XL」はスコア4に対して、「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」はスコア6という。

ちなみに10に近いほうが修理しやすいそうです。

というわけで、これは買って長く使える端末になりそうです。ただ有機ELパネルは薄く壊れやすいので、交換する際には注意が必要そうです。

Pixel 3a XL Teardown!