注意喚起「重要![Apple ID] – ログインアラート」というメールに気をつけて

ハッカー ITニュース

私のとことにもついに、きてしまった。詐欺メール
「重要![Apple ID] – ログインアラート」という件名のメール

来てしまったというよりは、迷惑メールに入っていたのですけどね。
メールの内容の一部を紹介します。

**********************************************************************
重要![APPLE ID] – ログインアラート

http://www.appleid-contact.com/

**********************************************************************

いつもAPPLEをご利用いただきありがとうございます。

普段お客様がご利用になられていない環境からAPPLE IDへのログインがありました。
この度、お客様のAPPLE ID会員登録が第三者によって不正にログインされた
可能性がございましたため、セキュリティ保護の観点から緊急の措置として
お客様のAPPLE ID会員登録のパスワードをリセットいたしました。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、引き続きAPPLE ID会員登録を
ご利用になる場合は、以下のページよりパスワードの再設定の
お手続きをお願いいたします。
実施していただくようお願いいたします。
■ユーザIDの確認?パスワードの再設定ページ

http://www.appleid-contact.com/

これだけ見ると「え、マジかよ」となるところですが、すぐに詐欺メールとわかりました。

スポンサーリンク

なぜ詐欺メールとわかったか

まぁなんで、詐欺メールとわかったかというと、まず、メールアドレス。「info@japan-supports.info」というメールアドレスから送れてきてました。
Appleのサポートのメールアドレスと違います・・・

それと、この詐欺メールはYahooメールに届いたのですが、私はAppleIDをYahoooメールでは作成していません。
通常なら、AppleIDに登録しているメールアドレスに届きます。

また、上記のメール本文に私の名前やAppleIDが一切記載されてません。
普通、何かの確認メールが届く場合は、〇〇様など付きますよね。

・AppleIDに関するメールは「appleid@id.apple.com」から届きます。
・AppleIDに登録しているメールアドレスに届く
・ Apple ID 及び名前がメールに記載される

詐欺メールに記載されているアドレスにアクセスすると

せっかく、記事を書くので、アクセスしたらどうなるのか、試してみました。

すると、

詐欺警告

Google側から警告がでました。Googleさんは優秀ですね。

詐欺メールを見分けるコツは

このような詐欺メールはAppleに限らず、品を変え送られてきます。
しかし、見分けるコツがわかれば引っかかることはありません。

メールタイトルはググれ

「警告」や「重要」なんて件名につきているとびっくりしますが、落ち着いて、メールタイトルをググってみてください。

詐欺メールの場合は、公式サイトで注意喚起されていたり、誰かしらがこれは本物かと質問している掲示板などがヒットします。

詐欺メールとわかれば、サクッと削除してください。

送信元のメールアドレスを確認

送信元のメールアドレスは公式に似せて作られている場合があるので、見分けが付きにくいかもしれませんが、この場合もメールアドレスを検索してみてください。
公式のアドレスなら、公式サイトサポートページが検索結果に表示されると思います。

届いたメールはコンテンツに登録しているメールアドレスか

パスワードの変更など、必ず登録しているメールアドレス(今回の場合はAppleID)に届きます。
関係のないメールアドレスに届いている場合は、詐欺メールの可能性が高いです。

メール本文に自分の名前はあるか

名前を登録しているようなコンテンツの場合は、サポートからメールが送られてくる場合、「〇〇様」と名前が本文に入ります。
IDとパスワードしか登録しない場合でも通常、「ID名様」と本文に入ります。

本文内に、名前やIDがない場合は気をつけるべきです。