【便利工具】「ユニバーサルソケットハンドル」の使い方

ガジェット

ユニバーサルソケットハンドル」マジでこれ考えた人天才じゃね。

Twitter上で、珍発明家のアストロ温泉(@ASTROONSEN)さん。

動画付きで使い心地を紹介したら、投稿から3日で21万件以上の“いいね”を集め話題になりましたね。

商品自体結構古くからあったものなんですが、改めて発言力のある人がつぶやくとすごいなぁ実感しました。

スポンサーリンク

ユニバーサルソケットハンドルって何よ

ユニバーサルソケットハンドル、別名、万能ソケットと呼ぶ。

ナット径:9~21mm・インチ径:3/8インチ~13/16インチまでのボルトやナットを締めたり、緩めたりできる代物です。

ソケットの中に六角のピンが複数あり、押し込むと凹みます。

ユニバーサルソケットの使い方

使い方はいたって単純、

ナット径:9~21mm・インチ径:3/8インチ~13/16インチにさす回す、以上です。


これにより、角が欠けてしまったナットやボルトもがっちりホールドして緩めることができるわけですが、ナット径:9~21mm・インチ径:3/8インチ~13/16インチまでならこれ1つでOKってのがすごい。

スパナは1本ぐらいは持ってたりしますけど、これがサイズが合わなかったりするんですよね・・・

商品には青いハンドルが付属していので手で回すわけですが、ハンドル部分は取り外せます。

別売りのラチェットを購入すれば、作業できる範囲は広がります。
9.5mm角ハンドルタイプであれば、大体付きます。

ユニバーサルソケットを利用時の注意点

ユニバーサルソケットを利用する際に、ボルトやナットを斜めに入れて作業しないでください。
斜めで回してしまうとソケットの中のピンが折れたりします。

また、電動工具に取り付けて利用する場合は、トルクを調整して使うことをオススメします。
Amazonのレビューを確認すると、

中のピンが折れてしまうようなことがあるそうです。

他のレビューにも折れるとあり、堅く締め付けられたボルトやナットだとトルクに耐えきれずに折れてしまうことがあるそうです。
なので、錆びついている場合はKURE556とかで回りやすくしてからの方がよさそうです。

機械で高いトルクで締め付けた物にはやはりスパナが一番のもよう・・・

どうしても、ソケット内のピンが細いため折れてしまう可能性を秘めてますね。
あまり無茶な使い方をすると、すぐに壊れてしまう・・・・