DellでおすすめのノートPCは薄型・軽量な New XPS 13

ガジェット

ふと、DLLのノートPCを家電量販で触ってみた。「New XPS 13」というモデルなんだけども、
触ってみて意外といいかもと思ったので、触って感じたことをまとめたいと思う。

薄型だし、軽量モデルで持ち運びも楽そうだなぁ・・・

Sponsored Links

New XPS 13がいいと思ったきっかけ

家電量販には別の用事があって行っていたのですが、ガジェット好きとしては一通りPCのところはチェックする。
そこでふと目についたのが、「New XPS 13」だった。

黒のモデルを触っていたのですが、キーボード周りの天板がカーボン調になっているのが、目についた

※あとで調べたらカーボン調ではなく、カーボンファイバーと織り込みグラスファイバーのちゃんとしたやつでした。

なんかオシャレやんって上のは画像は英字キーボードですが、日本語レイアウトのキーボードを触ってました。
触ってみた感じキーボードも打ちやすく作りがいいなと感じた。

あと電源ボタンがキーボードとは別の位置にあるのが好印象だった。キーボード内にあると、Deleteキーと押し間違いをしてしまう可能性があるので、個人的にはかなりうれしい。

・カーボン枠のパームレストがかっこいい
・電源ボタンがキーボードとは別の位置にあるところがポイント
・キーボードは打ちやすくキーピッチも広すぎず触りやすい
・ベゼル幅が細く13インチでありながら画面が大きく感じる

New XPS 13のスペックを見る

家電量販に置いてあるだけでは詳細なスペックがわからなかったので、自宅に帰ってから調べてみた。
New XPS 13にはいくつかモデルがあったので、その中でオススメなものを紹介したい。

・プレミアム Microsoft Office Home & Business付 152,230円
・プラチナ Microsoft Office Home & Business付 162,230円
・プラチナ・4Kタッチパネル Microsoft Office Home & Business付 182,230円
・プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Microsoft Office Home & Business付 207,230円

4つのモデルがあるですが、4モデルともOffice付になる。
「プレミアム」と「プラチナ」モデルではCPUが少し違う。同じ第8世代Intel Core iシリーズだが「プレミアム」はi5-8265U、「プラチナ」はi7-8565Uになっている。
プラチナ4Kタッチパネルはプラチナモデルと基本スペックは変わらず、4Kタッチパネルが付く。
プラチナハイエンドはメモリが16GBでストレージが512GBのSSDと4Kタッチパネルが付くハイスペックモデルです。
※プラチナハイエンド以外はメモリは8GB

ちなみに、全モデルサイズは変わらない。
高さ: 7.8 mm~11.6 mm x 幅: 302 mm x 奥行き: 199 mm 最小重量: 1.23 kg

高さ: 7.8 mm~11.6 mmとなっているのは、①の箇所が薄くヒンジがある側が厚みがあるためです。

で個人的にオススメなのが、「プラチナ」モデル。

New XPS 13プラチナモデルのスペック

New XPS 13プレミアム New XPS 13プラチナ
プロセッサ 第8世代インテル® Core™ i5-8265U プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能, 4 コア) 第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.6 GHz まで可能, 4 コア)
OS Windows 10 Home 64 Windows 10 Home 64
メモリ 8GB LPDDR3 2133MHz 8GB LPDDR3 2133MHz
ストレージ 256GB M.2 PCIe NVMe SSD 256GB M.2 PCIe NVMe SSD
ビデオカード インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き
ディスプレイ 13.3インチ FHD (1920×1080) InfinityEdge ディスプレイ 13.3インチ FHD (1920×1080) InfinityEdge ディスプレイ
ポート 2 Thunderbolt™ 3(電力供給およびDisplayPort対応)
1 USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1 MicroSDカード リーダー
1 ヘッドフォン ジャック
2 Thunderbolt™ 3(電力供給およびDisplayPort対応)
1 USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1 MicroSDカード リーダー
1 ヘッドフォン ジャック
価格 152,230 162,230

比較のために、プレミアムモデルのスペックも記載しています。
太文字が違う部分です。cpuと価格しか変わらないわけですね。
1万円プラスすることで、CPUがアップグレードできる。
もしCPUのアップグレードが2万円以上かかるならプレミアムモデルでもいいけど、1万なら出せるかなと

それ以外のモデルでも4Kタッチパネルは個人的に使わないのでこれはいらないかなと思ってます。

・個人的に「プラチナ」モデルがオススメ
・1万円プラスでCPUアップグレードできるなら結構いいと思う。
・サブで利用するならプレミアムでもいい。

まとめ

New XPS 13のプラチナモデルが個人的にオススメ
カーボン調と書いていたが、カーボンファイバーと織り込みグラスファイバーのパームレストなので、カーボンでした。
その点がなおいいなと思いました。

筐体も薄いがアルミの削りだしのため、強度はしっかりしてる。
実際触ってみて、New XPS 13は完成度が高いな感じた。

PCとスマートフォンのシームレスな統合できる「Dell Mobile Connect」という機能でiOSやAndroidのスマートフォンとノートパソコンをペアリングできるため、注意を分散させることなく複数のデバイスにアクセスできる。

お値段が16万円を超えるので、決して安い買い物ではないが、それだけ価値はあると思えるノートPCです。