macOS Mojaveに対応するモデルはこれだ

ガジェット

最新かつ最高のmacOS、Mojave(モハベ)が利用可能となりました。
ついにmacOS Mojaveの正式版がついにダウンロードすることができるようになりました。

で、問題はどのmacが対応するのか・・・・

スポンサーリンク

macOS Mojaveに対応するMacはこれだ

Appleによると、macOS Mojaveは以下のマシンに対応しているとのこと、

MacBook(Early 2015以降)
MacBook Air(Mid 2012以降)
MacBook Pro(Mid 2012以降)
Mac mini(Late 2012以降)
iMac(Late 2012以降)
iMac Pro(全モデル)
Mac Pro(推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載したLate 2013、Mid 2010、Mid 2012モデル)

もしMojaveをインストールして問題が起きたら?

新しいOSへの移行もスムーズになってきましたが、それでも、トラブルはつきもの・・・・
もし、アップグレードして問題が起きた場合どうすればいいのかを紹介します。

まず、事前にやっておくべきことがあります。
それは、現在のシステムの状態をTime Machineにバックアップしておく必要があります。
(外付けデバイスか、Time Machineに対応したネットワーク・ストレージデバイスが必要)

とりあえず、こうしておけば、最悪、問題が起きても、バックアップからシステム復元することができます。

macOSをHigh Sierraより前のバージョンに戻すのは大変な作業になる。なぜなら・・・
ドライブのファイル形式をHigh SierraやMojaveが採用しているAPFSから、HFSへと再変換しなければならないから

まぁ、バックアップがない場合は、工場出荷時の設定に戻すことも可能だったりします。

iCloudにバックアップ同期していないかぎり、データや設定はすべて消去されて、アプリも再インストールしなければならない。