新機能多数のmacOS Mojave(モハベ)は9月25日配信

ITニュース

Appleの発表会もひと段落し、iPhoneの新しいモデルも追加されることとなりました。

そしてAppleはmacOSの最新版、10.14 Mojave (モハベ)を9月25日に配信します。
すでにいくつかの機能について情報がでてました。
https://netorder365.com/3286/

上の画像を見てもらえれば、わかるように、ダークモードやデスクトップを一瞬で整理するスタック機能など新機能が多数導入されます。

そこで機能のおさらいをします。

スポンサーリンク

ダークモード

切り替えるとデスクトップのユーザーインターフェース全体がダークグレーに変わります。
切り替えることによって、目にやさしく、作業に集中しやすくなります。

既に、youtubeやTwitterなどに実装されている機能ですね。モハベでは簡単には書換えできないシステム部分や標準アプリも変更できます。
OSの標準となったことで、全体的に統一感をだすことができます。

スタック

デスクトップの整理してくれるアプリです。
フォルダ分けとは違い全自動で整頓してくれるため、種類や、作業した時期、タグなどワークフローに合わせた分類が切り換えれます。

クイックルックの強化

ファイルを開かず、中身をみられるクリックルックが強化され、写真や動画をトリミングして共有、マークアップの追加
自前Automatorスクリプト実行などができるようにます。

スクリーンショットの強化

「コマンド+シフト+5」のショートカットでスクショパネルが起動し、画面全体、範囲選択、画面録画など選択して実行できます。
また、そのまま、編集や共有も可能になります。

連携カメラ

macOSアプリで作業中、画像を挿入したり、取り込みをiPhoneで撮影、自動で挿入することが可能で、ファイルを選んで挿入などの手間がなくなります。

ほかにも、ありますが、主な機能はこんな感じですかね。
もちろんSafariのプライバシー機能強化、Mac App storeのリニューアル、Siriの強化などありますけどもね。