IEのサポート終了時期は不明だが、Edgeへ移行してほしい

windows10ITニュース

日本マイクロソフトのMicrosoft Edge/Internet Explorer(IE)サポートチームから
IEからEdgeへの移行を呼び掛けるブログ記事「Internet Explorer の今後について」が公開されています。

スポンサーリンク

マイクロソフトはIE依存の機能を見直してほしい

マイクロソフトは、2016年1月以降、IEは最新バージョンのみをサポート対象としています。
さらに、Windows 10の既定ブラウザはあEdgeを提供しています。

しかし、EdgeはActiveXコントロールやVBScriptなどレガシーテクノロジーに対応していないので、企業がWindows 10にOSを移行していても、IE11を利用していることが多々あります。

マイクロソフトは、「IEでなければならない場合以外はEdgeを利用するよう提案してきた」と説明してるがなかなか進んでいないようです。

ただ、IEのサポート終了時期については、「回答できない」としてる・・・

IEを使い続けるリスクは?

今のところIEの最新バージョンはサポートされているが、終了時期は明言されていない状態です。
なので、明日サポートが終了されるということもありえます。

WebアプリケーションがIE固有の機能に依存している場合は動作しなくなるわけです。
そのときはあわててもしょうがないので、今のうちに、Edgeで利用できるモダンな仕様へ変更していくほうが無難でしょう。

また、サポートされなくなった場合は、セキュリティ面でのリスクも大きくなります。