Windows10のカスタムテーマでログイン情報が盗まれる?

ITニュース

Windows10の独自のテーマでデスクトップをカスタマイズすることができるカスタムテーマ。
ログイン画面やタスクバーなど自分好みにカスタマイズできるということで、使っている人も多いかと思います。

ところが、このカスタムテーマを悪用してユーザーの認証情報を盗むことができる可能性があるようです。

スポンサーリンク

Windows10のカスタムテーマの危険性

サイバーセキュリティの研究者であるJimmy Bayneによって発見された。
彼のツイートが以下、(4分割されてます)

ツイートの内容を簡単に説明すると、
Windowsの.themeファイル(カスタムテーマ)がインストールされると偽のログインページを表示し、Microsoftアカウント名とパスワードを入力させて情報を盗むという手口です。

基本的にWindows10のテーマは、インストールした後でユーザーがサインインする必要があるので必ずしも一般ユーザー全般に危険があるわけではないです。

スポンサーリンク

パスワードそのものを盗むものではない?

どうやら、「Pass the Hash」という攻撃方法のようで、パスワードを盗むのではなくパスワードハッシュ(パスワードをハッシュ化したもの)を盗むようです。

ちなみに、Jimmy Bayneさん、Microsoftにリスクを警告したそうですが、

資格情報の受け渡しは意図的に設けられた機能であるため、テーマ機能を変更するつもりはない

と返答されたそうです。

スポンサーリンク

ログイン情報を守るにはどうすればいいのか

Microsoftが公式に措置しないとなれば、ユーザー側で安全策を考えねばなりません。
Bayneさんと共に、Windows 10の企業バージョンのオプションについて概説していますが、一般ユーザーには該当しないことばかり・・・

なのでカスタムテーマを使わないというのが今のところベストな対策になります。

スポンサーリンク

カスタムテーマを使いたい人

それでもカスタムテーマを使いたいという人は、Windows Storeなどの安全なソースからに限って公式テーマをダウンロードすることをオススメします。

他にも、Microsoftアカウントからサードパーティアカウントのリンクを解除し、Microsoftアカウントではなくローカルユーザーアカウントを使用してPCにサインインするなど対策することがいいでしょう。