小さくなって販売する「Nintendo Switch Lite」やっぱりでたね

ガジェット

「Nintendo Switch Lite」

携帯に特化したNintendo Switchが9月20日に発売されます。

お値段19800円となってます。

予約開始は全国のゲーム取扱店やオンラインショップで8月30日より開始されます。
本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色から選択できます。

そのうち、限定カラーやゲームコラボモデルも出そうですけども・・・

驚きなのはリーク画像とほぼほぼ同じ形になって登場してます。

スポンサーリンク

「Nintendo Switch」と「Nintendo Switch Lite」はどう違う

さて、Liteとなるわけで、機能にどの程度違いがあるのか比較したいと思います。

Nintendo Switch
Nintendo Switch Lite
価格29800円+税19800円+税
プレイモードTVモード、テーブルモード、携帯モード携帯モード
対応ソフトすべてのNintendo Switchソフト携帯モードに対応したNintendo Switchのソフト
コントローラー1セット付属一体型
HD振動HD振動(バリエーション豊かな振動機能)を使用したゲームを遊ぶことができるなし
IRカメラ付属のJoy-ConでモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶことができるなし
TV出力「Nintendo Switchドック」が1台付属非対応
画面サイズ6.2インチ1280×7205.5インチ1280×720
サイズ縦102mm×横239mm×厚さ13.9mm(Joy-Con含み)縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mm
質量約398g(Joy-Con含み)約275g
バッテリー約2.5~6.5時間約3.0~7.0時間

価格も1万円安くなるわけですが、携帯モードに特化しているため、TVへの出力がなくなってます。

対応ソフトについてですが、Joy-Conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)を利用するソフトは、Joy-Conを持ってない場合、一部遊びかたに制限があるようです。

基本的に、HD振動、モーションIRカメラがなくなっているので、Nintendo Labo Robot Kitなどは対応していない
ただし、別途Joy-Con(7,480円+税)と充電する機器(Joy-Con充電グリップ(2,480円+税)など)を用意すればプレイすることはできる。

ほかにも、oy-ConやNintendo Switch Proコントローラーを無線接続することで、HD振動やモーションIRカメラを使うことも可能になっている。

まぁここまでやりたいなら、既存のSwitchを購入することを進める。

残念ながら、『Nintendo Labo VR Kit』はToy-Conの形状がNintendo Switch Liteに対応していないので、Joy-Conを買っても遊べない。

Liteになって携帯性を上がるためなのか、画面は6.2インチから5.5インチに変更されている。
5.5インチとなると、iPhone8 Plusと同じサイズですので、十分大きいとも思える。

もともと、解像度は1280×720なので、きれいな画質はあまり期待しても意味はない。

Liteになっても重さは100g少々軽くなるだけとなっている。画面が小さくなったためか、バッテリーの持ちは伸びている。

Nintendo Switch Lite 初公開映像

Nintendo Switch Liteまとめ

  • 発売は9月20日
  • 予約開始は8月30日から
  • カラーは3色、イエロー、グレー、ターコイズ
  • HD振動、モーションIRカメラ、テレビ出力には非対応
  • 画面サイズは5.5インチと小型化

携帯ゲームに特化したSwitchとなっています。