完全無音動作PC 「LIVA Z2」は使えるのか

ガジェット

ECSファンレスPCの新モデル「LIVA Z2」シリーズが発売されました。
Celeron N4100を搭載したモデルになるのですが、こちら、完全無音動作を実現している
お値段は2万7800円税込です。

Sponsored Links

4コア/4スレッドのCeleron N4100搭載した小型PCは使えるのか

LIVAZ2-4/32-W10(N4100)はCPUにCeleron N4100 (Intel Gemini Lake、4コア/4スレッド、ベース1.1GHz/バースト2.40GHz)を採用してます。
Celeronと言われるとなんとなーく避けてしまう・・・・

メモリはDDR4の4GB、32GBのeMMCストレージとなります。32GBストレージがと思ったけども、2.5インチSATA HDD/SSDが搭載できるようになっています。
前モデルでは、M.2スロットとMini DisplayPortがあったが、廃止されている。

本体サイズは118x132x56.4mm(LIVA Zは117×128×33mm)。
搭載機能は
インターフェイスはHDMI 2.0
HDMI 1.4b
1000BASE-T LAN
IEEE 802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.0(Intel製カード)
USB 3.1 Gen1
USB 3.1 Gen1 Type-C
ヘッドホン/マイクコンボジャックなどです。

付属品はACアダプタ、VESAマウント、ドライバDVDなどになります。

Windows10 64bitがインストールされているため、購入してすぐ利用できるようになってます。

ファンレスヒートシンクによる完全無音動作を実現しているわけですが、どのくらい使えるもんなんでしょうかね。
ヒートシンクがあるとはいえ、超時間の運用には向かないような気がしてます。

ゲームや動画編集などしない、WEB検索やyoutubeやWEBコンテンツの視聴ようなリビングPCにするはもってこいだと思います。
買ってすぐ使えるというところも、魅力的ですね。初心者でも扱いやすいし、知識を持てば、カスタマイズすることも可能な筺体なので・・・

3万円以下で購入できるのでいいじゃないかなぁ・・・