ZHIYUNのジンバルで自撮りも補正ライトでキレイに撮る

ガジェット

スマホで自撮りしながら、配信する人多くなりましたよね。InstagramのLive配信やツイキャス、youtubeなど。

スマホのカメラが高性能化したことで専用の機材がなくてもネットにさえつながれば、誰でも簡単にLive配信できる時代になりました。

特に女性の場合は、自撮りでキレイにかわいく撮りたいと思うでしょう。
本格的に撮るならビデオカメラや一眼レフと補正ライトなど準備する必要があります。しかしこれは結構お金がかかるので、手軽というわけにはいきません。

そういった環境をもっと手軽に行るのが、ZHIYUN (ジーウン)から発売されているジンバル「SMOOTH Q3

スポンサーリンク

SMOOTH Q3の特徴

ZHIYUN SMOOTH Q3 の特徴は、ライトが内蔵されていること、180度回転する補正ライトが搭載されているので、自撮りがキレイに撮れます。

また3段階の明るさ調整できるので、暗い場所や明るい場所で切り変えることができます。

他にも、超広角ズームで簡単に美しい風景を撮影することも可能ですが、こちらは広角ズームに対応したスマホが必要になります。

横向き縦向き両方いける

ZHIYUN SMOOTH Q3の特徴の1つで、スマホを縦でも横でも利用できるように設計されています。

最近だと、スマホを縦にしてLive配信できるように対応された配信プラットフォームも多くあるので、InstagramのLive配信やふわっちなどには最適なツールになります。

ミニ三脚が付属するので、手持ち以外にも据え置きで撮影することができます。

専用アプリ「ZY Cami」より本格的に

ZHIYUN SMOOTH Q3には、専用アプリ「ZY Cami」が付属します。専用アプリを使用することで、撮影中のトラッキングやジェスチャーコントロール、ズームといった様々な機能が利用でき、よりクオリティの高い映像を撮ることができます。

スポンサーリンク

ZHIYUN SMOOTH Q3のスペック

寸法(伸縮時)幅45×奥行き154×高さ180mm
寸法(展開時)幅90×奥行き127×高さ279mm
本体重量340g
耐荷重量(ペイロード)150-280g
標準動作時間7-15h
充電時間3h
付属品SMOOTH Q3 本体
タイプC充電ケーブル
ユーザーマニュアル
ミニ三脚
バッテリーは1300mAhとなってます。耐荷重量(ペイロード)が280gとあまり耐えれないように思えますが、iPhone 12 Pro Max(一番大きい)で226gなので、よほど思いスマホケースとか付けていない限り、ほとんどのスマホは載せれます。
スマホを挟むクランプポートも55㎜~90㎜となってますので、iPhone 12 Pro Maxの幅78.1㎜でも余裕があります。
厚みも7㎜~10㎜となってますので、iPhone 12 Pro Maxの厚み7.4 mmでも大丈夫です。ただスマホケースによっては、厚みが超える可能性はあります。