ASUSの新型マザー「H370 Mining Master」はGPUスロットが・・・

ガジェット

ASUSからマザーボード「H370 Mining Master」が発表されました。

なんと、このマザーボード、名前の通り、仮想通貨マイニング専用となっております。

どこが、仮想通貨マイニング専用なのかと言うとですね。
マザーボードの全体画像を見ての通り、GPUスロットが20基です。

既に発売中の「B250 Mining Expert」の後継モデルで、こちらも19基GPUスロットを備えてます。
こちらのモデルよりも、GPUの接続がしやすくなっているのが今回の「H370 Mining Master」になります。

スポンサーリンク

H370 Mining Masterはどうパワーアップした

H370 Mining MasterはUSBライザーケーブル対応スロット20基にになったことで、ケーブルが頑丈でかつ抜けにくくなっています。

各ポートとビデオカードはオンボード診断で管理でき、起動時にシステムスキャンし、各ポートの状態を確認してくれます。
メモリやプロセッサに問題があれば、マザーボードに搭載されたLEDで確認できます。

もちろん、新しいということで、CPUソケットはLGA1151でInter第8世代Coreシリーズなどに対応してます。
メモリはDDR4-2400×2(最大32GB)、ストレージはSATA 6Gbps×4、Gigabit Ethernet、USB 3.0×6、USB2.0×4、フォームファクタはATXという仕様となってます。

実は山ほど売れたらしい

ASUSのリリースによると、前製品であるB250 Mining Expertは予想を遥かに上回るほど、売れていたようで、第2世代の開発に着手し、H370 Mining Masterが生まれたんだとか。

最近では、FaceBookなど大手SNSでは広告が禁止されたりと、世間の風当たりが強いことは確かですが、仮想通貨のブームはまだとどまっていないようです。

どうやら、北米で販売が開始されるようですが、今のところ6月5~9日に台湾で開催されるComputex 2018で展示予定だとか。

他のメーカーもGPUがてんこ盛りにできるマザー出しそうですね。

ただ、そいれだけ、GPU積むってことはそれだけ、電気代かかると思うのですが、元とれるんですかね?

あと、熱量とか、ケーブ劣化で火災なんて洒落にならないので、確認は必要ですよね・・・・