ロシアがカスペルスキー製品悪用している疑惑

ハッカー ITニュース

ロシア政府とつながりがあるハッカーの動きを探っている、イスラエル情報機関が、

Kaspersky Lab(カスペルスキー)のアンチウイルスソフトがハッカーにツールとして愛用していると述べました。

The New York Timesが米国時間10月10日付で報じています。( ゜Д゜;)

Sponsored Links

ことの発端は2年前

今回の報道によれば、どうも、2年前のハッキングを検知したことから始まっているようです。

イスラエル情報機関のチームが2年前にハッキングを検知し、ロシアのハッカーたちが、情報を探るためのツールにKaspersky(カスペルスキー)製品を使っていると、アメリカに対して警告したそうです。

これを受けて、トランプ政権は各連邦機関に対し、モスクワを本拠とするサイバーセキュリティ企業であるKaspersky Labの製品をネットワークから削除するように命じたそうです。

アメリカ、カスペルスキー製品を排除

ここにつながってくるわけですね・・・・

また、The Washington Postの別の報道では、
イスラエルのチームは、Kasperskyのネットワーク内で、米国家安全保障局(NSA)に由来するとしか考えられないハッキングツールを発見した

といっています。

イスラエルがこの件をNSAに通知したところ、NSAでは調査の末、このツールを保有しているのはロシア政府だとの結論を得たとされています。

Kasperskyはこの件について否定している

Kaspersky(カスペルスキー)はあらゆる関与を否定し、何も知らないと見解しています。

Kasperskyの声明では

「製品の公正性はわれわれのビジネスの基盤であり、Kaspersky Labでは、自社で特定したもの、あるいは当社に報告があったものを含め、すべての脆弱性にパッチを施している」と主張した。「当社の製品およびシステムに対して米国当局が持ついかなる懸念に対しても、当局に協力し率先して対処することをKaspersky Labは繰り返し表明しており、今回の虚偽の告発に信頼できる形で反証するため、Kaspersky Labによる調査に役立つ、検証可能で適切な情報の提供を要請するものである」

としていますが、実際どうなのか・・・

個人的にあまり、Kaspersky(カスペルスキー)製品を信用していないのでね、使わないですけど・・・・(´◉◞౪◟◉)



米国土安全保障省(DHS)が連邦政府の全庁省に対して、ロシアのセキュリティ会社のKaspersky Labの製品利用を停止するよう命じました。

Kaspersky製品排除の理由は

Kasperskyの従業員とロシア政府の諜報機関とのつながりを懸念しているという。

ロシアの法律でロシア政府の諜報機関は国内企業に情報提供を強要でき、通信傍受も可能であることなどを懸念してとのこと

米国土安全保障省(DHS)は90日後に排除を実行するように指示している。

また、米国土安全保障省(DHS)はKasperskyに対し、懸念に対処するための書面による応答の提出あるいは懸念緩和の機会を提供するという

もちろん、Kasperskyはこれに対し反論している。


カスペルスキーの反論

Gvien that kaspersky lab doesn’t have inappropriate ties with any government,
the company is disappointed with the decision by the U.S.
Department of Homeland Security(DHS),but also is grateful for the
opportunity to provide additional information to the agency in order to
confirm that these allegations are completely unfounded

ようするに、
「Kasperskyはどんな政府との不適切な関係を持っていない」
「DHSの決定に失望しているが、DHSの主張にまったく根拠がないことを証明する機会を与えてくれたことには感謝している」
と言うことらしい。