【子持ち必見】デブはモテないどころか友達もできにくい

エンタメ

いま、太っている方、あるいは、お子さんが肥満な方、気を付けてください。
海外の研究で肥満だと嫌われやすいという結果が発表されました。

スポンサーリンク

太っている子はスリムな子の約2倍嫌われる

南カリフォルニア大学で予防医学の研究者ケイラ・デ・ラ・ハイエ助教授が、科学系ニュースサイト「ライブ・サイエンス」で、「太った子供は仲間外れになっている」と指摘。
さらに「拒絶と嫌悪を受けることで社会性が養われないリスクもある」と警鐘しました。
ようするに、肥満体型の子供は、標準体型の子供に比べて友達ができにくいことのようです。

オランダのとある高校の28クラス504人を対象に行われた。身長と体重を測定したうえでアンケートを実施。友人だと思う人と、嫌われていると思う人の名前を人数制限なく挙げるという実験を行ったそうです。

結果は70%のクラスで太っている子よりもスリムな子のほうが、友人と見なされる傾向にあり、肥満の子たちは、スリムな同級生より嫌われる確率が1.7倍高いという結果になったそうです。

アメリカでは5人に1人が肥満

米疾病対策センター(CDC)によれば、今やアメリカの未就学児童の5人に1人が肥満に苦しんでいるそうです。
肥満による社会的、精神的なリスク要因になる証拠は多い。高カロリー食品を好んで食べる肥満児は、さらに活動的でなくなり、似た者同士で集まる傾向にあるそうです。
また、肥満の子供を持つ親にアンケート調査を行った結果、95%の親が自分の子供のサイズは丁度良いと考えていたようで、肥満の子を持つ親は正常な体重に関する知識や感覚が欠如していることが明らかになっている。

肥満の遺伝とでもいいましょうか。
子供の肥満は、親の責任です。正しい食生活をして肥満にならないようにしましょう。

肥満(太っていること)のリスク

肥満のリスクとして、糖尿病や高血圧、高コレステロールの症状が一般的に知られています。
さまざまな病気になりやすいということは今ではあたりまえのように語られています。しかし、肥満にはそれだけではなく、心の病気を引き起こす可能性もあるといわれています。
肥満の子供たちのうつ病や自尊心の低さを誘発させる恐れが大きいそうです。

子供が引きこもりにでもなられた日、親にとっては悲惨です。

まとめ

肥満の子供はスリムな同級生より嫌われる確率が1.7倍高い。
また、肥満の子供はうつ病や自尊心の低さを誘発してしまいます。

子供生活は親の心得1つで変わります。肥満になる前に、正しい食生活と睡眠をとるようにしましょう。