【転職者必見】採用面接を受けたあとにやるべきことがある

エンタメ

転職すること自体が珍しくない時代になりました。

私自身も何度か転職しています。

やむを得ない事情の場合もあれば、自己都合の場合もあります。

転職活動や就職活動で欠かせないのが面接です。

書類選考は通るのに面接で落とされる・・・・

ここでは、面接を受けた後にやるべきことを紹介します。

少しでも内定への力になればと思います。

Sponsored Links

ありがとうメールを送る

面接後24時間以内に担当者に感謝メールを送り採用担当者へあなたの印象を残しましょう。

採用の面接は1日に何人も行うことがあります。
私も1日で最大7人ほど面接したことがあります。

1日中面接していると、はじめに面接した人の印象が薄くなってきます。
感謝メールを送ることで印象が変わることもあります。

感謝メールは読まれるかどうかわからないものですが、採用担当者は送られてきて嫌な気持ちになる人はまずないです。
※よほど意味不明なメールを送らない限り

面接も1次面接のみの場合や2次、最終と続く場合があると思います。
プロセスに関係なく、面接後には感謝メールを送る方が、印象はいいです。

内容は簡単なもので大丈夫です。
具体的には5行から7行程度で大丈夫です。

株式会社●●
人事部 △△様

いつもお世話になっております。
本日、面接をして頂きました、◯◯(会社名など)の▲▲▲▲(名前)と申します。
本日はお忙しい中、面接の機会を頂きまして誠にありがとうございました。
△△様のお話を伺う中で、貴社のサービスの高い質や社員満足度、活躍するための必要なスキルについて、理解でき、一層志望意欲は高まりました。

以前より貴社を第一志望としておりましたが、本日の面接を通して、貴社で仕事をしたいという気持ちがますます強くなりました。

取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。
末筆ながら貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

(署名)
名前
メールアドレス
電話番号

・24時間以内に感謝メールを送る
・誤字脱字のチェック
・媚を売るような文章は避ける

面接内容の分析

面接後には内容を振りかえっておくと、もし面接の結果がダメだったとしても、次の面接にも役立てれます。

採用担当者がどのような質問をしてきたか、自分はどのように答えたか、もっとうまく答えれなかったかなど

反省点や改善点を分析し、次の面接でも繰り返す使える部分はメモに残すなどしてください。

ただし、あらゆる点で分析し始めるとストレスがたまるので、ほどほどに

他の面接はバックレない

採用の面接は複数受けていると思います。

内定が出たからといって、他の予定していた面接を無断欠席はせず、メールや電話で採用面接の辞退の連絡を入れるようにしましょう。

面接官といえど、時間を割いて行っています。

面接をバックレられた時には悪い印象しか残しません。

私が面接しているときにも何人もいました。

特に雨の日は多かったですね。

将来なにが起こるかわかりません。

内定をいただいた会社の関連会社の可能性もあったりします。

採用されるまで油断するな

面接を受けて、印象がよさそうだった。あるいは、採用担当に受けがよかったなどあっても、油断してはいけません。

内定をもらうまでは何が起こるかわかりません。

採用人数には決まりがあります。

もし、あなたの後に面接を受けた人の方が優秀だった場合、あなたが落とされてしまう可能性もあります。

内定をもらうまでは、他の面接も応募できるのであれば応募しておいた方がいいです。

まとめ

面接後は感謝メールを送りましょう。

感謝メールで採用担当者へ印象を残るように、

面接後には自身がどう受け答えしたか、どのような質問をされたか簡単に振り返り次回以降の面接に生かせる部分はメモしておきましょう。

面接はバックレず、辞退する場合はメールや電話でお断りの連絡をしてください。