小型ビデオミキサーは物理スイッチの魅力、操作は手動でやりたいよね

ガジェット

ローランドから小型ビデオミキサー「V-02HD」が12月中旬に発売すると発表しました。

この小型ビデオミキサーは1人で2台のビデオカメラを使って撮影するために映像の切り替えや合成、音声処理をリアルタイムで行えるフルハイビジョン対応のミキサーになります。
小型とはいえ、素晴らしい機能です。

スポンサーリンク

V-02HDは小型だからといって舐めるなよ

この小型ビデオミキサー「V-02HD」、サイズは160(幅)×108(奥行)×51(高さ)mmの重量は0.6kgという小型ですが、
入力数が2チャンネルでシンプルな操作で切り替えが行え、動画をアップロードする前の編集時間を短縮できる。
ビデオコンテンツの作成がはかどるのではないだろうか。
youtuber必見ってところでしょうかね。

メイン映像にパソコンを接続して子画面を挿入する「ピクチャーインピクチャー」や字幕を加える「キー」などの映像合成、モザイク処理などのビデオ・エフェクト、カメラのマイクから入った雑音を低減する音声処理などの機能を搭載しており、かなり本格的です。

また、別売りのフットスイッチを利用することで足元でも操作が可能となります。

残念ながらお値段はまだわかりません。けど結構いい値段するじゃないですかねこれ・・・

おまけ

物理スイッチってなんか魅力的ですよね。
最近はスマホもタッチ操作だし、PCもマウスで操作ですしね。

そこで、PCの音量操作を物理的なボリュームコントロールノブで操作するなんてどうだろうか。

「上海問屋」より、PC用のUSBボリュームコントロールノブ「DN-915589」が発売されている。

お値段2999円(税別)です。
PCで音楽や映画などを鑑賞するときに、音量のコントロールをマウス操作で行うよりも細かい音量調節が可能となります。
対応OSはWindows 10/8/7、Mac OS X

使い方はいたって簡単、PCにUSBケーブルで接続するだけ、専用のドライバーなどは不要です。
ケーブルの長さは1.7mあるので、ある程度、自由な場所に置けます。

コントロールノブと台座の間に青色LEDライトを搭載しており、暗い部屋でも操作可能で、ノブを押し込むことでミュートにできる。
サイズは65×50×39mm、重量は約64gとなってます。

[affiliate_tag id=”4314″]