スポンサーリンク

Amazon Fireタブレットシリーズの 最新モデル Fire Max 11ってどうなん?

ITニュース

Amazonタブレット、Fireタブレットシリーズの最新モデル「Fire Max 11」が発表されました。
シリーズの中では最大画面サイズとなる11インチのようです。

先にお値段を
64GB版が3万4980円
128GB版が3万9980円
Amazon.co.jpで予約受付を開始しているほか、6月中旬から量販店での販売も予定しているそうです。

スポンサーリンク

何が違うFire Max 11

すでに、Fireシリーズのタブレットを持っている方は買い替えるべきなのか
新に購入を検討している人も気になるは何が変わって、何がよくなったのかだと思います。
なのでざっくりシリーズ比較!

モデルFire HD 8 PlusFire HD 10Fire HD 10 PlusFire Max 11
価格¥15,980 から¥19,980 から¥22,980 から¥34,980 から
ディスプレイ8インチ HD10.1インチ 1080P フルHD10.1インチ 1080P フルHD11インチ 2K
解像度1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)1920 x 1200 (224ppi)2000 x 1200 (213ppi)
重量342g465g468g490g
サイズ202 x 137 x 9.6mm247 x 166 x 9.2mm247 x 166 x 9.2mm259 x 164 x 7.5mm
RAM3GB3GB4GB4GB
CPU2.0GHz 6コア2.0GHz 8コア2.0GHz 8コア8コア (2×2.2GHz、6×2.0GHz)
ストレージ32/64GB32/64GB32/64GB64/128GB
バッテリー最大13時間最大12時間最大12時間最大14時間
充電時間(同封のアダプター使用時)約3時間約4時間約4時間約4.2時間
スピーカーDolby AtmosデュアルステレオスピーカーDolby AtmosデュアルステレオスピーカーDolby AtmosデュアルステレオスピーカーDolby Atmosデュアルステレオスピーカー
カメラ2メガピクセルフロントカメラ、5メガピクセルリアカメラ2メガピクセルフロントカメラ、5メガピクセルリアカメラ2メガピクセルフロントカメラ、5メガピクセルリアカメラ8メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ
USBポートUSB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)
Alexa対応
Showモード対応
ワイヤレス充電対応××
カラーグレーブラック、デニム、オリーブスレートグレー
世代第12世代 – 2022年発売第11世代 – 2021年発売第11世代 – 2021年発売第13世代 – 2023年発売

比較するとディスプレイ、CPU、カメラが強化されて、ストレージの容量が増えたといった感じ。
驚くのが、ワイヤレス充電が対応してないところ・・・・
まぁあまり必要がないのかもしれないがね。

世代を見るとFire HD 10、Fire HD 10 Plusは第11世代で、第12世代のモデルは発表されず、Fire Max 11の第13世代となる。
もしかすると、Fire HD 10は今後消えゆく運命なのかな?

性能比だと、Fire HD 10 Plusより性能は50%アップしてるそうなので、かなり性能は向上していると思われる。
画面分割モードを使ってZoomやMicrosoft Teamsで通話をしながら、OneNoteでメモを取ったり、キーボードを使ってメール送信したりできるそうです。
また、薄さはシリーズ通して一番薄くなっている。

スポンサーリンク

Fire Max 11の見た目は?


本体はアルミ合金製ボディとなってます。
どことなく、ipadを意識しちいるようなデザインだ。

専用のアクセサリも充実

アクセサリーとセットで購入も可能で、
スタイラスペンとFire Max 11 64GBのセットは3万8980円、128GBのセットは4万3980円。
キーボード付きカバーとFire Max 11 64GBのセットは4万3980円、128GBのセットは4万8980円。
スタイラスペンとキーボード付きカバーとFire Max 11 64GBのセットは4万7980円、128GBのセットは5万2980円です。

スタイラスペン

キーボード付きケース

スリムケース

注意点

始めてタブレットを買う人には知っておいてほしい。
AmazonのFireシリーズのタブレットは、Fire OSという独自OSです。
Androidベースではあるのですが、グーグルは開発にタッチしてません。
なので、Fire OSでグーグルのAndroidアプリを使うにはいろいろ制約があります。

例えばyoutubeアプリの場合、Androidの場合だと、GooglePlayストアからダウンロードですが、
FireシリーズではAmazonアプリストアからダウンロードになります。
しかし、Amazonアプリストアにはyoutubeの公式アプリはありません。
※今後提供されるかもしれません。

FireタブレットにGooglePlayストアを入れることもできるのですが、入れた後にFireタブレットの挙動がおかしくなることがあるようです。

他にも、iOSやAndroidには提供されているゲームアプリもAmazonアプリストアにはなかったり・・・
この辺の違いを知った上で購入してください。