ライブ配信しながら録画PCなくともYoutube配信もできる「LiveShell W」

ガジェット

ニコニコ動画が誕生してから、ライブ配信は活発になりました。
さらに、youtubeでライブ配信ができるようになり、ライブ配信をする人口は爆発的に増えました。

配信環境にこだわりだすとカメラや録画機器、マイクなどキリがない・・・

手軽だけど、少し凝った配信をしたい人にピッタリな製品が販売されました。
その名もライブ配信デバイス「LiveShell W

手のひらサイズのボディにスイッチャーやミキサーなどの機能が詰まっているのでPCに接続せずとも、フルHDで60fpsの配信ができます。
コンパクトなのに最大3ch配信が可能なので、youtube、Twitch、ニコニコ動画などに同時配信できる優れものです。

スポンサーリンク

LiveShell Wの特徴

LiveShell W」は本体に配信設定を保存することができます。
なので、PCと接続する必要ない。

また、本体にスイッチャーが内蔵されているので、2つのカメラを切り替えながら配信することも可能です。

インターフェースも豊富です。

microSD・USBメモリによる録画機能

エンコード能力を録画機能として利用可能。LiveShell Studioで設定したシステム映像フォーマットで最大解像度1080/60pでライブ配信と録画を同時にできるようになってます。

 

ネットに接続

有線LAN/無線LANの他別売のLTEモデムの接続に対応しており、本体から直接モバイル回線に接続できるようになってます。