映画・国内/海外ドラマ・アニメ動画配信サービスランキングTOP3

動画配信サービス

海外ドラマ、国内ドラマ、洋画、邦画、アニメを見放題で楽しめる動画配信サービス。
もう時代はテレビで見る時代ではなく、スマホ、PC、タブレットとテレビ以外でも楽しむ時代です。

最近ではDVDをレンタルするより動画配信サービスを利用する人が増えています。

定額サービスから無料コンテンツと数多くあります。
ただ、無料コンテンツはいいところで、広告CMが流れたり、ドラマの〇話からは有料だったり、画質が悪かったりと色々不憫なことが多いです。

Sponsored Links

動画ストリーミングサービスとは


これまでレンタルショップにて映画やドラマ、アニメのDVDやブルーレイを借りて視聴し期限までに返却するのが一般的でした。
期限内にまたDVDやブルーレイを返却しなければならないことや、レンタルショップに足を運んだが、見たかった映画がレンタル中でがっかりしたなど手間が多いです。

しかし動画ストリーミングサービスは、月額料金を支払うことで、インターネット上でストリーミング配信で映画やドラマを見放題にしているサービスです。
サービスの内容も配信している会社によって様々です。月額料金に関しても、月500円~2000円程度になることがほとんどです。
また、会員になると海外、国内をとはず、映画やドラマコンテンツを楽しむことができます。

どの動画配信サービスも無料期間が設定されているので、気に場合はどんどん登録して問題はないです。

定額制の見放題のメリットは

無料サービスもありますよね。AmebaTVとか無料の場合は料金がいらないということが最大のメリットになりますが、コンテンツが少なく広告CMが入ることもあったりします。
また、DVDのレンタル開始されたばかりの映画などは基本的に無料でありません。

しかし定額制の場合以下のようなメリットがあります。
動画再生で広告CMはなし
高画質で動画を視聴できる
専用アプリを利用すれば、スマホやタブレットでも視聴できる
DVDレンタル開始とほぼ同時に新作が視聴できる
配信している限り旧作品もいつでも見られる
お試しの無料期間がある※後述します。

好きな時間に好きなだけ映画やドラマを楽しめるというのもいいところですかね。

定額制の見放題のデメリットも知っておこう

定額制サービスのメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。
例えば・・・
・見ない月でも料金がかかる
・最新作は別途料金がかかる場合がある
・一定期間で配信終了になる
・クレジットカード決済のみのサービスもある

月々料金が発生することが最大のデメリットかもしれませんが、定額制だからといってすべて丸っと見放題ではないことが多いです。
たとえば、DVDがレンタル開始さればかりの新作映画の場合は見放題の対象から外れたりします。
もちろん、サービスを提供している会社によりますが、必ずしも追加課金が必要とは限りません。

定額制でもお試しの無料期間がある

定額制のサービスでもお金を払って、見たいものがなかったとか、使いにくかったなど不安になることがあると思います。

定額制の見放題サービスには、基本的に2週間から1ヶ月程度の「無料お試し期間」が用意されています。
この無料お試し期間は有料会員になったときと同じ体験ができるところがほとんどです。

少しでも気になっていた方はぜひ無料お試し期間を利用してみてください。
どのようなサービスやコンテンツがあるのか自分の目で確かめるの一番だと思います。

もしサービスに不満があるなら、そのまま解約してしまえばいいですし、気に入ったコンテンツがあるのであれば、契約を続行すれば大丈夫です。
無料期間にお金がかかることはありません。

主な動画ストリーミングサービスの一覧比較

サービス 月額料金 配信数 無料期間
U-NEXT 1990円 約14万 31日間
Hulu 933円 約5万 2週間
Netflix 800円から 不明 1ヶ月間
TSUTAYA TV 933円 約3.2万 30日間
FOD 888円 約2.2万 1ヶ月間
ビデオパス
562円 約1万 30日間
dTV 500円 約12万 31日間
Amazon プライム 400円 約4万 30日間

※Amazonプライムのみ【税込】表示以外は【税抜】表示になります。
配信するは次期により変動します。

無料お試し期間はHulu以外はだいたい1ヶ月間になります。
Huluが気になる方は無料登録の際、気を付けてください。

無料期間中に解約すれば定額料金がかかることはありません

ポイント付きサービスもある

動画ストリーミングサービスですが、毎月ポイントが付与されるサービスもあります。
ポイントを利用すると新作映画を視聴することができるようになったりします。

サービス 付与ポイント
U-NEXT 毎月1200ポイント
FOD 毎月1300ポイント
TSUTAYA TV 毎月1080ポイント
ビデオパス
毎月540ポイント

※「FODプレミアム」は8の付く日に400ポイント+毎月100ポイント付与

新作映画のレンタル料金は平均は400円から500円程度なのでポイントレンタルで最低1本以上は無料で視聴できるようになります。
「Hulu」と「Netflix」はレンタルという機能はないので、定額料金ですべて見放題になります。

どの動画ストリーミングサービスがいいの?


映画やドラマ見放題のサービスはたくさんあります。
料金もバラバラです。どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

懐事情が暖かい方なら全部登録だって言えるかもしれませんが、普通はそうはいきませんよね。

選ぶときのポイントを紹介したいと思います。

動画配信サービスを選ぶときのポイント

映画・ドラマ・アニメの見放題な動画配信サービス多くあります。
どこを選べばいいのか、抑えておきたいポイントを紹介します。

見たい映画コンテンツはあるのか
ダウンロードできるのか
追加課金が必要なのか

見たい映画コンテンツはあるのか

映画見放題といってもジャンルがいろいろあります。
単純に映画本数が多いだけでは判断できません。

邦画が好きな人もいれば、洋画が好きな人、アクションやサスペンス、恋愛などジャンルはたくさんあります。
どうのようなコンテンツを豊富に扱っているのか。
そのあたりを確認しておくべきです。

また、見放題でも追加の課金が必要な場合があるのかどうかもポイントの一つです。
配信数が多いのは「U-NEXT」と「dTV」になるのでまずはここから確認するといいでしょう。

ダウンロードできるのか

ストリーミング配信で映画を視聴する場合、常にインターネットに接続している必要があります。
動画の再生には通信量を消費しますので、Wi-Fi環境がなければ、かなりの消費量になってしまい。
最悪、通信制限にかかってしまいます。

ダウンロード機能がある動画配信サービスなら専用アプリに動画データを保存することができますので、
インターネットに接続していないオフラインでも再生することができます。

例えば、自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておけば、地下鉄など電波の入りにくい場所でも映画を楽しむことができます。
※電車や公共の場で視聴する場合はイヤホンを使うようにしてくださいね。

このように、ダウンロード機能があれば、外出先でも視聴が可能になります。

追加課金が必要なのか

最新の映画の場合、見放題サービスでも対象外になることが多いです。
定額料金とは別に、課金する必要があるので、できれば毎月ポイントが付与されるようなサービスでポイントないで納めれるとお得です。

「U-NEXT」や「FODプレミア」は毎月ポイント付与がありますので、最新の映画も毎月2本ぐらいなら余裕でみれます。

おすすめな動画配信サービスのTOP 3

これまでの点で総合すると、個人的にですが、おすすめできるサービスは3つあります。

圧倒的本数
作品数が他社より圧倒的に多く、映画・ドラマ・アニメ以外にも漫画・雑誌も見れるコンテンツもあり。
作品は充実しています。
また、ダウンロードもできるので、外出先で楽しみたい方にはおすすめです。
U-NEXTの配信作品を確認する
見逃しドラマもすぐ見れる
仕事が忙しくて、ドラマを見る放送時間に家に帰れない。録画予約をミスしてた。
など、国内ドラマコンテンツに強い動画配信サービスです。
とくに、フジテレビのドラマの見逃し配信や人気の過去ドラマが多くあります。
キャンペーン中にはポイント付与もあり雑誌、コミックの閲覧も可能な優れた配信サービスです。
FODの配信作品を確認する
海外コンテンツに強い
追加課金が一切発生せず、すべて見放題です。
また、海外発の見放題サービスで海外コンテンツが豊富にあり、海外ドラマは最速で配信されるので、海外ドラマが好きな方にはお勧めです。
無料期間が他社に比べて2週間と少々少ないですが、月額料金が安いので1ヶ月だけ契約などでも十分に元が取れるサービスです。
Huluオリジナルドラマも多数あり、ここでしか見れないコンテンツが多数あります。
ダウンロード機能もあるのでオフラインでの視聴も可能です。
Huluの配信作品を確認する